fc2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

連続テレビ小説『おちょやん』第83回


内容
昭和19年2月。福助(井上拓哉)が出征する。

少しして。“岡安”が終わる日。
シズ(篠原涼子)は、お茶子たちに暇を出す。

ひと月後。千代(杉咲花)たちの上がっていた劇場も閉鎖され。。。

敬称略


作、八津弘幸さん

脚本協力、吉田真侑子さん



予告で分かっていたこととは言え。

想像を超える、テンポの良さ。。。は、良いように言いすぎか。

完全に、箇条書きですね。

一気に昭和20年だし。


関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

波>『おちょやん』第83話

​​​​​​​​​防空壕で出逢った漫才師@花車当郎(塚地武雅)は​花菱アチャコ​がモデルなのだとか。アチャコというと―『アドルフに告ぐ』(手塚治虫)で「ヒットヒットひっ...
[続きを読む]

もう…何がなんだか日記 | 2021年03月31日(Wed) 15:57


波>『おちょやん』第83話

​​​​​​​​​防空壕で出逢った漫才師@花車当郎(塚地武雅)は ​花菱アチャコ​がモデルなのだとか。 アチャコというと― 『アドルフに告ぐ』(手塚治虫)で 「ヒットヒットひっと殺し」というギャグ(『早慶戦』)が ラジオから流れて来るシーンがあったことと  ↑『わろてんか』も思い出すけど(笑) 『東京五人男』(斎藤寅次郎)で 『黄金狂時代』(チャップリン)を思わせるシーンを演じていた...
[続きを読む]

何がなんだか…ひじゅに館 | 2021年03月31日(Wed) 15:55


連続テレビ小説「おちょやん」 (第83回・2021/3/31) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『おちょやん』(公式サイト) 第83回/第17週『うちの守りたかった家庭劇』の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 昭和19年2月、福助(井上拓哉)の出征の日がやってきた。妻のみつえ(東野絢香)と息子の一福、両親、そして幼なじみの一...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2021年03月31日(Wed) 09:43


連続テレビ小説『おちょやん』第83回

内容昭和19年2月。福助(井上拓哉)が出征する。少しして。“岡安”が終わる日。シズ(篠原涼子)は、お茶子たちに暇を出す。ひと月後。千代(杉咲花)たちの上がっていた劇場も...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2021年03月31日(Wed) 07:50