レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰ってきた時効警察 第3話 身も蓋もない。。。

内容
15年前 沈みがち人形殺人事件
ミツコとミツヨの売れないマンガ家がいた。
2人が作り出した、『沈みがち人形』は
テレビアニメ化され大ヒット。
そのさなか、ミツヨが階段から落ちて死ぬ。
現場は、不可解な物証だらけ。
容疑は、ミツコ。アシスタントのキリコ。第三者。
犯人が分からないまま月日は経過する。
2年前 バタンキューすべて逆さま事件
新しいアシスタント小百合と、
新たなキャラクター『バタンキュー人形』を生みだしたミツコ。
だが、こんどは、
部屋の中のすべてが逆さまの状態という
物証だらけの状態で、小百合の死体が発見される。
ダイイングメッセージを残して。。。










ザ・トップ・シークレットは、
まぁ、おいといて\(^^\) (/^^)/


っていうか、
この部分は完全に『時間稼ぎ』にしか過ぎない。

理由は単純明快。

今回の事件が

『身も蓋もない事件』だから(^_^)b



そのおかげで、
なんだか、おもしろいんだかどうだか意味不明の話


これでもか!!
っていう感じで来る小ネタの連続ではなく、
事件と小ネタの配分が、

前シーズンの時効警察に近い感じかな。


そのうえ、
いきなり『私が、犯人よ』ですからね(^_^;


結局、先の事件は事故で
あとの事件は、事件だった。

で、
時効ではないのに『カード』を渡して

逮捕されちゃう女帝。



もう完全に、『時効事件』を導入部にした
普通の刑事、警察モノドラマです(^_^;


って、それこそ
『身も蓋もない』言い方ですけどね。




あなたは日本一の名探偵だ!

って、霧山君は警官なんですけどね(^_^;



小ネタで攻めることもなく、
事件で攻めなかった今回。

中途半端と言えば、それまでなんだが


事件をクローズアップしたことだけは
良いことだと思います。


だって、
小ネタはそれでおもしろいんだけど。
小ネタばかりだと、飽きちゃいますからね(^_^)b

一応、『警察モノ』なので(^_^;

ってことで。

なんだか、身も蓋もない感想でしたm(__)m。



これまでの感想

第2話 第1話

関連記事
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。