fc2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

日曜劇場『危険なビーナス』第6話


内容
祥子(安嵐けい)から、母・禎子(斉藤由貴)が事故死では無く、
矢神家の誰かに殺されたと言われ、動揺する伯朗(妻夫木聡)
そして葬儀の時、弟・明人(染谷将太)からアリバイを聞かれたことを思い出す。
佐代(麻生祐未)勇磨(ディーン・フジオカ)親子こそ犯人だろうと。
祥子の母を殺したのも、2人だろうという。

そのうえ、楓(吉高由里子)から
明人も母・禎子の死に疑問を抱いていたと聞かされる。
だが伯朗は疑問を抱く。なぜ、そのことを話してくれなかったのかと。
伯朗を悲しまないように明人が気遣ったのだろうという楓だが、
明人が、自分にも疑惑の目を向けていたと感じ取る伯朗。

それでも伯朗は、16年前の母の死について調べることを決めて。。。。

敬称略


脚本は、黒岩勉さん

演出は、佐藤祐市さん



あえて、厳しいことを言わせてもらうが。

そもそも“ミステリー”ならば。

遺産相続や、失踪、事件など、それに関するアレコレも重要だけど。

どう考えたって、母の死が一番のミステリーだろうに。

正直、ようやく“物語”が動き出した印象である。


関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

危険なビーナス 第6話

伯朗(妻夫木聡)は、母・禎子(斉藤由貴)が矢神家の人間に殺害されたと聞き、ショックを受けます。 楓(吉高由里子)からも、明人(染谷将太)が禎子の死の真相を暴こうとしていたことを聞かされて・・・ 明人の失踪と禎子の死の真相について考えていた伯朗と楓は、「30億円の遺産よりももっと価値があるもの」と言う牧雄(池内万作)の言葉が気に掛かります。 そんな中、牧雄が「退院する」とメモを残して、病...
[続きを読む]

ぷち丸くんの日常日記 | 2020年11月16日(Mon) 11:32


危険なビーナス 第6話「母の死は殺人だった?真相を追う弟が失踪した訳矢神家に隠された謎」

一部では、なまじ原作が、人気の東野圭吾印だけに、謎のヒロインを演じる、吉谷由里子、ユーモラスに現代っ娘を演じた「タラネバ娘」がハマリ役だっただけに、キャスティング・ミスでは?の声もあるみたいですが私は、なかなかに、このコンビ、好きです。それにしても、染谷将太、ここでは、大河の信長とえらい違いですね。弱々の、頼りな青年で、両方、演じられるの自体、エライの… かも。謎が謎を呼んでいるし、半ば意識...
[続きを読む]

のほほん便り | 2020年11月16日(Mon) 10:30


危険なビーナス (第6話・2020/11/15) 感想

TBSテレビ系・日曜劇場『危険なビーナス』(公式) 第6話『母は殺された!? 弟もその謎を追っていた…』、ラテ欄『母の死は殺人だった? 真相を追う弟が失踪した訳 矢神家に隠された謎』の感想。 なお、原作の小説、東野圭吾「危険なビーナス」(講談社文庫)は未読。 明人(染谷将太)が母・禎子(斉藤由貴)の死は事故ではなく殺人と考え、犯人を捜していたことを告白した楓(吉高由里子)。それを聞い...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2020年11月16日(Mon) 05:07


日曜劇場『危険なビーナス』第6話

内容祥子(安嵐けい)から、母・禎子(斉藤由貴)が事故死では無く、矢神家の誰かに殺されたと言われ、動揺する伯朗(妻夫木聡)そして葬儀の時、弟・明人(染谷将太)からアリバイ...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2020年11月15日(Sun) 21:53