fc2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

大河ドラマ『麒麟がくる』第三十一回


「逃げよ信長」
内容
永禄十三年四月
信長(染谷将太)は朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)の越前へと攻め入った。
松永久秀(吉田鋼太郎)徳川家康(風間俊介)らだけでなく、
その道中の国衆らも加勢。三万の軍勢となっていた。
若狭から敦賀。そして金ヶ崎城へと入城。

信長勢が朝倉の一乗谷へと攻め入るのを前に、
松永久秀と徳川家康は、違和感を感じていた。
昨日の天筒山城と比べ金ヶ崎城の抵抗が少なかったと。

そんななか、光秀(長谷川博己)のもとに、左馬之助(間宮祥太朗)が現れる。
近江の小谷城を浅井長政(金井浩人)の軍九千が出たという。
妹・市(井本彩花)の嫁ぎ先の浅井家の裏切りだった。
光秀は、信長に撤退を進言。

敬称略


作、河本瑞貴さん

演出は、一色隆司さん



有名なエピソードだから、

それなりに、納得しながら見ているけど。

さすがに、ちょっとだけ、モヤモヤが。。。。。ま、良いけどね。

あくまでも主人公は明智光秀なので。

主人公の視点で描けば、これくらいがちょうど良いのかもしれません。

“殿”への流れも、思った以上に丁寧だし。

よくある様な、行軍途中からの撤退よりは、

納得しやすい流れである。

細かい演出。。そして俳優の演技など、見どころ満載だしね。

そして、

今回は、主人公・明智光秀にとって、最重要のエピソードのひとつ。

“転機”であることも、シッカリと描かれている。


モヤモヤはあっても、面白味が、越えている感じ。


関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」第31回「逃げよ信長」

やっと、光秀(長谷川博己)の主役ぶり。物語の牽引者役が、前に出てきた感ですね。染谷・信長の怒り爆発!シーンが、SNSで話題に。朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)を討つため、金ケ崎まで攻め込むも、浅井長政(金井浩人)の裏切りにより、撤退を余儀なくされた信長(染谷将太)が、怒りにもだえるシーンが視聴者の注目演出の一色隆司氏は、1話の中で3英傑がそろったことに「人間関係がくっきり描かれ、いよいよ後...
[続きを読む]

のほほん便り | 2020年11月09日(Mon) 06:40


大河ドラマ『麒麟がくる』第三十一回

「逃げよ信長」内容永禄十三年四月信長(染谷将太)は朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)の越前へと攻め入った。松永久秀(吉田鋼太郎)徳川家康(風間俊介)らだけでなく、その道...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2020年11月08日(Sun) 18:43