FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

連続テレビ小説『エール』第76回


「不協和音」
内容
昭和16年。日本は、太平洋へと戦いの場を広げていた。
裕一(窪田正孝)は、戦時歌謡やニュース歌謡などに関わるようになり、
忙しい日々を送っていた。
そして音(二階堂ふみ)も少ない配給をやりくり。

そんななか、久志(山崎育三郎)に召集令状が届いた。
鉄男(中村蒼)保(野間口徹)恵(仲里依紗)を古山家に招き、
壮行会を開くことに。。

敬称略


作、清水友佳子さん

演出は、橋爪紳一朗さん



先ず。細かすぎることを。

あの=======

歌の指導などをしないままの音楽教室。

で。。。少年にハーモニカを演奏させている時点で。

口封じにしか見えないのだが。。。(苦笑)


さて、そこはともかく。

太平洋戦争が勃発し。。。古山家も。。。

そんな話だね。


ってか。想像以上に、淡々としていて、驚いている。

いや、淡々とするコト自体は、悪くないのだけど。

状況説明を含めて、妙なフラグも含め、箇条書きで描きすぎていて。

“箇条書き”ってのは、こういうことだよなぁ。。。。

そんな感じ(笑)


関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

不協和音>『エール』第76話

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​音楽教室の発表会の話は「近所の奥さん」からの「不謹慎」という言葉で「できなかった」…と、台詞一言で終了。女の子が一人辞めてい...
[続きを読む]

もう…何がなんだか日記 | 2020年09月28日(Mon) 14:16


不協和音>『エール』第76話

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​音楽教室の発表会の話は 「近所の奥さん」からの「不謹慎」という言葉で「できなかった」 …と、台詞一言で終了。 女の子が一人辞めていったし いずれ教室そのものが閉鎖になるという流れだろう。 平和の象徴である教室が消えていくことで 戦争の激化や周囲へ及ぼす影響を描いて行く算段かと思うけど… 相変わらず弘哉君はハーモニカで伴奏していて 歌の方のフォロ...
[続きを読む]

何がなんだか…ひじゅに館 | 2020年09月28日(Mon) 14:14


連続テレビ小説「エール」 (第76回・2020/9/28) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『エール』(公式サイト) 第16週『不協和音』の 第76回の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 太平洋戦争が始まり世の中の戦時色はさらに深まり、裕一(窪田正孝)は戦時歌謡のほかに、戦果を伝えるニュースとともに流す歌、ニュース歌謡の...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2020年09月28日(Mon) 11:58


連続テレビ小説『エール』第76回

「不協和音」内容昭和16年。日本は、太平洋へと戦いの場を広げていた。裕一(窪田正孝)は、戦時歌謡やニュース歌謡などに関わるようになり、忙しい日々を送っていた。そして音(...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2020年09月28日(Mon) 07:54