FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

連続テレビ小説『エール』第71回



「先生のうた」
内容
昭和12年。戦争が勃発。
裕一(窪田正孝)たちに、大きな影響は無かったが、
徐々に、戦争の空気が漂いはじめていた。

そんなある日、廿日市(古田新太)から作曲の依頼がある。
折しも、新聞で公募し入選した“露営の歌”という歌詞に目を留めていた裕一は、
依頼とともに、廿日市に譜面を手渡すのだった。
“B面”であったが、久志(山崎育三郎)の歌で売り出され、
50万を超える大ヒット。
裕一、音(二階堂ふみ)が困惑するほど、廿日市の態度も変わるのだった。

古山家には、電話が敷かれ。。。1年後。裕一が音に。。。

敬称略


脚本は、清水友佳子さん

原案は、林宏司さん

演出は、鹿島悠さん




ま。。いろいろとあるけど。

とりあえず、ここからが、今作の正念場。

そんなところだ。



関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【エール】第71回(第15週 月曜日) 感想

…あっという間に曲を書きあげる。久志(山崎育三郎)の歌で売り出されたこの曲は、国民の心をとらえて出征する兵士の見送りに歌われるようになり、大ヒットす…
[続きを読む]

ドラマ@見とり八段 | 2020年09月22日(Tue) 14:56


先生のうた>『エール』第71話

​​​​​​​​​​​アバンで音が着ていたブラウスは白地にドット柄。廿日市さんが手土産に持ってきたのはカルピス(らしき飲料)でやはり白地にドット柄。変なところに拘ってる...
[続きを読む]

もう…何がなんだか日記 | 2020年09月21日(Mon) 15:20


先生のうた>『エール』第71話

​​​​​​​​​​​アバンで音が着ていたブラウスは白地にドット柄。 廿日市さんが手土産に持ってきたのはカルピス(らしき飲料)で やはり白地にドット柄。 変なところに拘ってるなあ(笑) それより カルピス(らしき飲料)が登場するなら ​「カルピスうっす!」​ ←「薄い」の意味 もセットかと思ったけど さすがに、そこまではなかったな?>当たり前か …ひじゅにですが何か? ​「電話...
[続きを読む]

何がなんだか…ひじゅに館 | 2020年09月21日(Mon) 15:18


連続テレビ小説「エール」 (第71回・2020/9/21) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『エール』(公式サイト) 第15週『先生のうた』の 第71回の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 昭和12年。日中戦争が起こって、日本は次第に戦時体制となりつつあったが、まだ国民の生活に大きな影響はなく、裕一(窪田正孝)たちも以前...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2020年09月21日(Mon) 12:42


連続テレビ小説『エール』第71回

「先生のうた」内容昭和12年。戦争が勃発。裕一(窪田正孝)たちに、大きな影響は無かったが、徐々に、戦争の空気が漂いはじめていた。そんなある日、廿日市(古田新太)から作曲...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2020年09月21日(Mon) 07:59