FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

木曜劇場『アンサング・シンデレラ病院薬剤師の処方箋』第10話


内容
みどり(石原さとみ)の説得に応じて、
有効な治療法の無い副腎がんを患う瀬野(田中圭)は、治療を受けることを決意。
だが、様々な治療薬を利用しているにもかかわらず、変化が見られなかった。
そんなとき、七尾(池田鉄洋)が、
海外に可能性のある薬が存在することを、みどりに伝えてくる。
しかし治験薬であるため、使用するためには、いくつかの問題があった。
担当の畑中(長谷川朝晴)が治験責任者になること。
病院の治験審査委員会の承認を得ること。
そして、瀬野が了承すること。。。だった。

そんななか、心筋梗塞で丸岡はじめ(近藤公園)が搬送されてくる。
治療が施され入院することになるが、みどりの説明を受けても、
金がかかると服薬を拒否する。

みどりは、治験薬について、瀬野に説明するが。
瀬野は了承しなかった。七尾のことを信用できないと。

敬称略




脚本は、黒岩勉さん

演出は、田中亮さん



基本的に、複数の案件を盛りこむ今作だが。

瀬野の話。。。と思っていたのに。

またか。。。。(苦笑)

そのうえ、病院から患者が逃亡。。。。って。。。またか。。。


違和感、不快感、など、いろいろとツッコミどころはあるけど。

でもね。

患者の逃亡劇が、毎回のパターンってのは、

ほんと、どうかと思うよ。

いや、どうかしているとかいうレベルでは無いです。

ってか。

そんなことをパターンにするかねぇ(失笑)


関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アンサング・シンデレラ~病院薬剤師の処方箋~ 第10話

みどり(石原さとみ)は、瀬野(田中圭)の担当薬剤師になります。 瀬野の重複がんで問題なのは、標準治療が確立されていない副腎がんでした。 効果が期待できる既存薬の投与が始まりますが、数週間後も改善しませんでした。 みどりは副腎がんを調べますが、有効な手立てが見つかりません。 そんな中、みどりに調剤部副部長・七尾(池田鉄洋)が、海外に副腎がんへの有効性が認められる薬があると教えるのでした...
[続きを読む]

ぷち丸くんの日常日記 | 2020年09月18日(Fri) 15:01


アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋 (第10話・2020/9/17) 感想

フジテレビ系・木曜劇場『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(公式) 第10話『薬剤部はバラバラになった』の感想。 なお、原作の荒井ママレ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師 葵みどり」(漫画)は、第1巻のみ既読。 瀬野(田中圭)の入院が決まり、薬剤部へ報告にやって来る。瀬野の治療薬選びに頭を悩ませるみどり(石原さとみ)は、七尾(池田鉄洋)からある薬の資料を提示される。だが、そ...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2020年09月18日(Fri) 09:19


木曜劇場『アンサング・シンデレラ病院薬剤...

内容みどり(石原さとみ)の説得に応じて、有効な治療法の無い副腎がんを患う瀬野(田中圭)は、治療を受けることを決意。だが、様々な治療薬を利用しているにもかかわらず、変化が...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2020年09月17日(Thu) 22:57