FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

日曜劇場『半沢直樹(2020)』第8話


内容
開発投資銀行の谷川(西田尚美)の協力で、
政府が求めていた債権放棄について、拒否を突きつけた半沢(堺雅人)
一矢を報いたカタチではあったが、思わぬ事態が起きる。
大物政治家・箕部(柄本明)に反旗を翻したカタチであり、
中野渡頭取(北大路欣也)が国会へ参考人招致されるという話が浮上。
中野渡が窮地に立たされるだけで無く。
箕部に繋がりがあると思われる紀本常務(段田安則)の復活の可能性を意味した。

そんななか、半沢に、帝国航空の山久(石黒賢)から連絡が入る。
タスクフォースの再建案が手に入ったという。
確認した半沢は、それが東京中央銀行による再建案との酷似していると知る。
同時に、本来、廃止予定の路線が継続していることに気付くのだった。
結局、箕部への忖度で、強引に物事が動いていると。

箕部に何かがあると考えた半沢は、東京中央銀行との関係を調べるが見つからず。
合併前に、半沢のいた産業中央銀行ではなく、
中野渡頭取の出身である旧東京第一銀行に何かがあるのか?
半沢は、大和田(香川照之)と共闘し、合併以前について調査を始める。
だが、旧東京第一銀行のことについては、当時の担当者で、
現法人部部長代理の灰谷(みのすけ)は、一切何も語らず。

金融庁の黒崎(片岡愛之助)も箕部に疑惑を抱き調査していると分かるが。。。

そこで、半沢は、出向待機所と言われる検査部へと向かう。
旧知の検査部の富岡(浅野和之)に、事情を伝えたところ。
“生き字引”と言われる富岡は、合併当時、ある噂があったコトを半沢に伝える。
反社会勢力への融資と政治家と癒着した実態不明の融資だという。

一方で、大和田は、福山(山田純大)に命じて、紀本の調査をさせていた。
福山は、あるリストを大和田たちに提出する。紀本、灰谷や、頭取。
そして、東京第一銀行の面々がいた。
10年前、牧野治副頭取が命を絶った。
不正の責任を1人で背負った上で。それに関係する集まりだという。
当時、牧野の秘書をしていたのが、新山智美(井川遥)だった。

敬称略




脚本は、丑尾健太郎さん、金沢知樹さん

演出は、福澤克雄さん、松木彩さん



握手1つで、楽しい演出だね(笑)

なんだろ。。。7割方、2人のアドリブかな。


そこはともかく。

“ドラマ”自体は、面白いんだけど。

途中で、ふと。。。冷静になったのだ。

細かいやりとりも含めて、“ドラマ”としては、面白いけど。

これ。。。何をやってるんだろう??って。

確かに、頭取や箕部、紀本が。。。ってのも分かるんだけど。

帝国航空の再建と。。。関係があるようで、無いよね。。。って(笑)

正確に言ってしまうと。銀行の不正を暴いているだけ。

無関係じゃ無いけど。関係あるって言いきれないのが、難しいところだ。



関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

半沢直樹2020 第8話

半沢(堺雅人)は花(上戸彩)から、小料理屋の女将・智美(井川遥)が元銀行員で、中野渡頭取(北大路欣也)の部下だったことを聞きます。 一方、大和田(香川照之)は「銀行員生命を懸ける」と言った紀本(段田安則)を追い落としにかかりますが、逆に先の合同報告会が原因で、中野渡頭取に参考人招致の噂があると突き付けられてしまいます。 政界の妖怪・箕部(柄本明)が牙を剥いたようです。 そんな中、帝国航...
[続きを読む]

ぷち丸くんの日常日記 | 2020年09月14日(Mon) 13:45


半沢直樹[2020] ([第2部] 第8話・2020/9/13) 感想

TBSテレビ系・日曜劇場『半沢直樹[2020] 』(公式) [第2部] 第8話『まさか頭取が…!? 極悪政治家の不正を暴け!』、ラテ欄『倍返しを信じて…! 悪徳政治家を倒せ!!』の感想。 なお、原作の池井戸潤「ロスジェネの逆襲」(小説)、池井戸潤「銀翼のイカロス」(小説)、池井戸潤「半沢直樹3 ロスジェネの逆襲」(小説)、池井戸潤「半沢直樹4 銀翼のイカロス」(小説)は未読。 大和田...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2020年09月14日(Mon) 08:13


日曜劇場『半沢直樹(2020)』第8話

内容開発投資銀行の谷川(西田尚美)の協力で、政府が求めていた債権放棄について、拒否を突きつけた半沢(堺雅人)一矢を報いたカタチではあったが、思わぬ事態が起きる。大物政治...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2020年09月13日(Sun) 21:55