fc2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

オトナの土ドラ『恐怖新聞』第1話


内容
父・蔵之介(横田栄司)の反対を押し切り、
母・歌子(黒木瞳)の応援を受け、ひとり暮らしをはじめた小野田詩弦(白石聖)

引っ越し初日の深夜。ドアをノックする音が聞こえ、目が覚めた詩弦。
直後、新聞受けに新聞が投げ入れられた。確認すると“恐怖新聞”と。
そこには、妙なコトが書かれてあった。数日後に女性が死ぬという。

そんななか、アルバイトをしていた詩弦。
目の前で、女性が死んだ。その姿は、“恐怖新聞”のとおりだった。

敬称略


脚本は、高山直也さん

監督は、中田秀夫さん

ちなみに、原作は既読だが。。。。もうすでに忘れている(笑)


ただね。観て居て感じたのは。

今の時代に、ここまでストレートなのって、受けるのかな?という疑問。

あまりに直球勝負過ぎるからね。

実際、“裏”では《妖怪シェアハウス》という、

似たような系統の番組が放送されているわけで。

ま、系統は同じでも、描いているコトが違うので、全く違うんだけど。

いや。。。。まぁ。。。“アリ”だろうけどね。

でも、“枠”を考えても、なんか、毛色が違うような気がする。

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

オトナの土ドラ『恐怖新聞』第1話

内容父・蔵之介(横田栄司)の反対を押し切り、母・歌子(黒木瞳)の応援を受け、ひとり暮らしをはじめた小野田詩弦(白石聖)引っ越し初日の深夜。ドアをノックする音が聞こえ、目...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2020年08月30日(Sun) 00:34