FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

木曜劇場『アンサング・シンデレラ病院薬剤師の処方箋』第5話


内容
辰川太一(伊武雅刀)の容体が急変。医師たちの懸命な措置で一命は取り留めた。
だが、その事で、太一の息子・秀三(迫田孝也)と、
秀三の娘・樹里(久保田紗友)が仲違いする。
3人の子とが心配で、みどり(石原さとみ)は、秀三と話をすることに。
その後、樹里とも話をして。。。。

そんななか、太一が主治医からガンの告知を受ける。
すると太一は、治療方針を話す主治医に、治療の必要はないと。
秀三と樹里は、太一の考えに猛反対。みどりからも、抗がん剤の説明があり。
ようやく太一は、治療を受け入れてくれる。

敬称略



脚本は、黒岩勉さん

演出は、田中亮さん


今回を見ていて、今まで以上に感じたことだが。

今作は、基本的に、

患者を使った人情モノに仕上げている。

だから、あのエンディングがあるわけだ。

で、冷静に見ると。主人公って、役割が有るように見えて、

そんなに役割が無いんですよね。

そらね、熱血。。。ってのも分かるんだけど。

正直。“そんなモノで病が治る”ワケがないのである。

結局、病への治療であるのだ。間接的に、薬剤師が関わるだけだ。

本当ならば。。。。だ。

もちろん、“ドラマ”だから、ある程度、無視する部分は無視するが。

でも、所詮。

手術や薬で治っているだけだから、

主人公があーだ、こーだと言っているコトなんて、そんなに意味は無い。

“ドラマ”としては、盛り上げるために役だっているとは思いますけどね。

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アンサング・シンデレラ~病院薬剤師の処方箋~ 第5話

太一(伊武雅刀)の容体が急変します。 幸い安定しましたが、みどり(石原さとみ)は辰川(迫田孝也)の家庭を心配します。 太一は末期がんですが、辰川は父親の太一に告知していませんでした。 樹里(久保田紗友)は、祖父に嘘をついていることに悩んで、摂食障害を起こしています。 入院している樹里に助けを求められたみどりは、辰川と話に行きます。 みどりと樹里の説得で、辰川は太一に告知して、抗がん...
[続きを読む]

ぷち丸くんの日常日記 | 2020年08月14日(Fri) 14:07


アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋 (第5話・2020/8/13) 感想

フジテレビ系・木曜劇場『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(公式) 第5話『●●●●』の感想。 なお、原作の荒井ママレ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師 葵みどり」(漫画)は、第1巻のみ既読。 末期がんの太一(伊武雅刀)への告知を巡ってぶつかる樹里(久保田紗友)と辰川(迫田孝也)。みどり(石原さとみ)は2人の心のケアに努める。そんな中、くるみ(西野七瀬)は薬物療法に関する資...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2020年08月14日(Fri) 08:51


木曜劇場『アンサング・シンデレラ病院薬剤...

内容辰川太一(伊武雅刀)の容体が急変。医師たちの懸命な措置で一命は取り留めた。だが、その事で、太一の息子・秀三(迫田孝也)と、秀三の娘・樹里(久保田紗友)が仲違いする。...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2020年08月13日(Thu) 22:54