FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

刑事7人(6)第1話


内容
その日、専従捜査班の天樹(東山紀之)海老沢(田辺誠一)水田(倉科カナ)
野々村(白洲迅)青山(塚本高史)そして片桐(吉田鋼太郎)の6人は、
ある勝負をしようとしていた。
そこに、堂本(北大路欣也)がやって来て、参加を提案されるが、
捜査資料の移送だと聞き、参加せず。
6人で勝負をすることに。。。

翌日、勝負に負けた野々村は、トラックへの資料の積み込みを行っていた。
最後の資料を積み終えたとき、天樹がやって来る。
積み込みの手伝いをしていた
総務課庶務係の加山一彦(笠原秀幸)、河本春夫(難波圭一)が、挨拶。
トラックは出発する。

数時間後、専従捜査班に連絡が入る。移送トラックが襲われたと。
野々村、加山は命に別状はなかったが、河本は射殺されてしまう。

そして数時間後、犯人の身柄が確保された。
田上信二、杉野正。
金で雇われたと言うばかり。撃ったのも撃たれたからだと主張する。
資料の確認をはじめた天樹たちは、“0-A”が無いことに気付く。
データ化の必要のない解決済みの事件、事件性のない事故事案の資料だった。
盗まれた理由に思い当たるフシが無い天樹たち。
ただ、トラックには、なぜか“18820”の文字が残されていた。

そんな専従捜査班に、捜査一課の宮島辰馬(榊英雄)係長がやって来る。
高木慎一郎(金子昇)法務大臣の息子が誘拐されたという。
現場には“15113”という数字が残されていた。
そのうえ、“真実は一つ”というメッセージが送られてきたという。
息子が愛人の子であるため、6係、8係そして専従捜査班の少数精鋭で、
捜査を行うというコトだった。

敬称略



脚本は、吉本昌弘さん

監督は、兼崎涼介さん


ついに、第6シリーズである。

ある意味、風物詩的な感じになってしまっているが。

一定以上の面白味と、実績があるので。

仕方ないと言うべきか。。。当然と言うべきか。。。。


とはいえ。

前後編だろうと分かっていても、長かったよ。


気になったのは、そこではない。

なんとなく見えているのに、

次々と事件を起こしすぎて、捜査をしているように見えないことだ。

おかげで、複雑な印象だけが深まっているだけで、

淡々と情報を羅列している状態であり、面白味は、ほぼ存在しない。

正直、前後編の前編としては、失敗の印象が強い。


これ、1時間延長の、初回2時間SPにしたほうが、

面白かったんじゃ無いのかな?

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

刑事7人(6)第1話

内容その日、専従捜査班の天樹(東山紀之)海老沢(田辺誠一)水田(倉科カナ)野々村(白洲迅)青山(塚本高史)そして片桐(吉田鋼太郎)の6人は、ある勝負をしようとしていた。...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2020年08月05日(Wed) 22:16