FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

連続テレビ小説『エール』第13回再放送



今回の解説放送は、“藤堂清晴”こと森山直太朗さんである。



いきなり、“藤堂解説”により始まったが。

“佐藤久志”“関内吟”よりも、主観が入っていますね。

正直、

“本編”よりも主観が入っているように聞こえるよ!!

これは、意外だった。


今回だって、藤堂が登場するシーンがあるわけだが。

一応、感情は入っているのだ。

が、今回の“解説放送”は、まさに“心の声”に近いですね。

それも、“天の声”という第三者視点で。

自身のことも、“佐藤久志”“関内吟”よりもハッキリと主観を入れて解説。

OPテロップの“読み”意外は、ほぼ主観入り。

それも、徹底的だ。

ここまで、盛りこんで良いのか?と“関内吟”のときも思ったが。

それを越えてきたね。


これ、もしかしたら、ギャップを狙っているのかもね。

“本編”の“佐藤久志”“関内吟”は、

親友、家族なので、感情が強く表現されている。

だが。恩師とは言え。。。赤の他人。

“本編”の“藤堂清晴”は、やはり冷静なのである。


それを、今回の解説放送では、冷静さが、ほぼ存在せず。

主観入りまくり。

そう。

ここまで“思い”が見えると、“恩師の思い”も伝わってくるということだ。

正直。

《藤堂って、良い人だなぁ》って感じますから。


これならば、初回の鉄男の墓参りも、納得出来ます。

画面に描かれていない部分で、何らかのカタチで支えていたのかもね。

。。。。好意的、脳内補完ですが(笑)




関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

13日の13話>『エール』(再放送)第13話

​​​​​​​​​​​​​​​​出演者による副音声付き再放送も3週目。話数でいうと第13話(本放送3週目半ば)~18話(4週目半ば)そして今週の担当は​藤堂先生​。さてさて…?...
[続きを読む]

もう…何がなんだか日記 | 2020年07月13日(Mon) 14:26


13日の13話>『エール』(再放送)第13話

​​​​​​​​​​​​​​​​出演者による副音声付き再放送も3週目。 話数でいうと 第13話(本放送3週目半ば)~18話(4週目半ば) そして今週の担当は​藤堂先生​。 さてさて…? …ひじゅにですが何か? ​「トウモロコシだ」​by藤堂 ↑う~ん…冗談かな本気かな?>ぇ ハーモニカ倶楽部で初めての自作披露、初めての指揮。 でもそれは、初めてにして最後…だった。 ...
[続きを読む]

何がなんだか…ひじゅに館 | 2020年07月13日(Mon) 14:24


[再]連続テレビ小説「エール」 (第13回・2020/7/13) 感想

NHK総合・[再放送]連続テレビ小説『エール』(公式サイト) 第3週『いばらの道』の 第13回:藤堂清晴(森山直太朗)の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 【告知】個人的なことですが、7月以降も元のように仕事が動き出しそうにないので、毎朝起きると辛いです。従いまし...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2020年07月13日(Mon) 10:43


連続テレビ小説『エール』第13回再放送

今回の解説放送は、“藤堂清晴”こと森山直太朗さんである。で。気になったのだ。6回毎。今週末までは、“藤堂清晴”来週は?。。。。。。まさかのミュージックティーチャー!!(...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2020年07月13日(Mon) 07:46