FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

連続テレビ小説『エール』第8回再放送


今回というか、前回だけど。

双浦環の初登場は、女主人公にとっての“憧れ”“目標”だったのだ。

なのに、その後の登場では、微妙に変化し。

“師匠”ではないが、“支援者”になってしまった。

そこなんだよね。

どう見ても、“役割”が変わった。

同じく、この頃と“役割”が変わったと思われるのが、

女主人公の家族である。もちろん、父は除く。


本来なら、“役割”を変えずに、増やすべきなのだが。。。。。


そらね。“役割”が変わるということは、増えることを意味し。

当然、登場シーンが増えることも意味する。

だから、そういう“コト”なのでは?と疑惑を抱いてしまう。

そして、もっと問題なのは、“主人公にとっての役割”の変化は、

そのキャラクターの変化につながり、物語の変化、違和感に繋がることだ。


好意的に見れば、“昨今の事情”が影響を与えている可能性がある。

あくまでも、好意的だけど。

例えば前回、今回で、双浦環の説明として“世界的”という修飾語があった。

だったら、基本的に、そういうキャラとして表現すべきだし。

先日の“スピンオフ”を際立たせるならば、

無意味にキャラを変化させるべきでは無かったのである。

じゃないと。“スピンオフ”のインパクトが無くなる。

いや、もっと正確に言うなら、

重ねようとしているのは、容易に想像がつくし、

そんなものを、ワザワザ映像化する必要性がないと言うことだ。

ナレーションや、その登場人物のセリフで、必要十分。


だって、“分かっているコト”だから(苦笑)

だから、個人的な“スピンオフ”の評価は、“バンブー”が一番高い。


なんか、再放送を見て、改めて気付くこともあれば。

現状への不満も思い出してしまうよ。

まあ、現在放送中の番組の再放送だから、仕方ないけど。。。。




関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

HACHI>『エール』(再放送)第8話

​​​環さんが歌う『私のお父さん』(オペラ『ジャンニ・スキッキ』byプッチーニ)思い出してしまうのは、やはり映画『眺めのいい部屋』(byジェームズ・アイヴォリー監督)…だよ...
[続きを読む]

もう…何がなんだか日記 | 2020年07月07日(Tue) 15:11


HACHI>『エール』(再放送)第8話

​​​環さんが歌う『私のお父さん』 (オペラ『ジャンニ・スキッキ』byプッチーニ) 思い出してしまうのは、やはり 映画『眺めのいい部屋』(byジェームズ・アイヴォリー監督) …だよね?>古過ぎ? …ひじゅにですが何か? 「もっと言ってやって」by吟 裕一にとっての藤堂先生が 音にとっての環さんに当たる…よね。 影響を受け教えを受け…ってところで共通しているわけだけど 一番...
[続きを読む]

何がなんだか…ひじゅに館 | 2020年07月07日(Tue) 15:09


[再]連続テレビ小説「エール」 (第8回・2020/7/7) 感想

NHK総合・[再放送]連続テレビ小説『エール』(公式サイト) 第2週『運命のかぐや姫』の 第8回:関内 吟(松井玲奈)の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 【告知】個人的なことですが、7月以降も元のように仕事が動き出しそうにないので、毎朝起きると辛いです。従いまし...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2020年07月07日(Tue) 09:39


連続テレビ小説『エール』第8回再放送

今回というか、前回だけど。双浦環の初登場は、女主人公にとっての“憧れ”“目標”だったのだ。なのに、その後の登場では、微妙に変化し。“師匠”ではないが、“支援者”になって...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2020年07月07日(Tue) 07:49