fc2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

特捜9SEASON3 第5話



『10年目の殺人』
内容
真澄(原沙知絵)に呼び出された新藤(山田裕貴)
自殺として解剖した女性の遺体に、他殺の疑いがあると言う。
所轄では自殺と考え動いてくれないと言うことだった。
新藤からしらせを受けた浅輪(井ノ原快彦)
女性は、竹内沙織(竹内恵美)。
その名前を聞いた浅輪は、門脇健治(橋本さとし)を思い出す。
浅輪の所轄時代の先輩で、竹内沙織との不倫が発覚し、警察を辞めていた。
その後、テレビコメンテーターとなり、
10年前の連続殺人事件の捜査の時に、浅輪は再会していた。

浅輪は、小宮山(羽田美智子)村瀬(津田寛治)青柳(吹越満)矢沢(田口浩正)
に連絡を入れ、被害者・沙織の周辺の調査を開始する。
すると、国木田(中村梅雀)が、沙織の元上司と判明する。
不倫発覚後も、沙織のことを気遣っていたらしい。

その後の聞き込みで、沙織が務めていた会計事務所の職員の話で、
和田孝雄(おおたけこういち)という男性に迫られていたとわかる。

敬称略


脚本は、丸山真哉さん

監督は、上堀内佳寿也さん



先ず、内容については、横に置いて置くが。

今回。。。。凄いねぇ。。。。

そもそも《9係》時代から、放送開始前には、

ほぼ撮り終えていることが多かった今作。

なのに。。。。?

と考えていたら。。。。。“大人の事情”かな。。。他局で主演。。ふたり。

まぁ。梅雀さんは、別格だろうけど。

で、スケジュールが間に合わず。

そして。。。事態に突入してしまった。

そんなところだろうか。


そんななかでも、何とかして。。。と工夫して撮影し続けていたのかもね。

最終的には、止めたんだろうけどね。


とはいえ。

演出的に、通常の《ドラマ》じゃ無いので。

違和感を感じまくりなのですが。

いつだったかの。。。《家政夫のミタゾノ》の特別編や、

NHKなどで放送された各種作品よりも。

かなり、ギリギリの線で、撮影されたことが伝わってきますね。


まあ。元々、《9係》時代から、

井ノ原快彦さんのスケジュールの都合だろうけど。

今回に似たような感じのエピソードは、ありましたので。

その延長線上だと考えれば、特に問題はないだろう。

と言っても、違和感は消えないけどね。仕方ないかな。。。。

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

特捜9SEASON3 第5話

『10年目の殺人』内容真澄(原沙知絵)に呼び出された新藤(山田裕貴)自殺として解剖した女性の遺体に、他殺の疑いがあると言う。所轄では自殺と考え動いてくれないと言うことだ...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2020年06月17日(Wed) 21:55