FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

日曜劇場『テセウスの船』第4話


内容
平成元年から、現代へと戻ってきた心(竹内涼真)
少しでも未来が良い方向にと期待していたが、
母と兄が心中。父・文吾(鈴木亮平)は、やはり死刑囚として囚われていた。
そのうえ死んだ由紀(上野樹里)は、生きていたが。。。。
最悪の未来になっていたことに愕然とする心。

そこで、拘置所にいる文吾に会いに行くことに。
文吾は「心さん」と。。。心のことを覚えていてくれた。
「父さんって、呼んでいいですか?」
文吾は、「待ってたよ」と、心が消えた後の出来事を語りはじめる。

あの後。金丸の遺体が発見されたという。
金丸が文吾に伝えた言葉から、状況から真犯人が殺したと思われたが。
捜査中の転落事故として処理されたという。
なんとかして、小学校の事件を阻止しようとしたが、
心のノートを見たためか、混入された毒物が変更され。
毒物も文吾の家から発見され、捕まってしまったというコトだった。
ひっくり返すような証拠が無い限り、再審は無理だと弁護士に言われていると。
再審を考えていないという文吾。

「諦めない」と告げて、拘置所から出た心は、
姉がいるという住所へと向かう。路上で偶然、姉・鈴(貫地谷しほり)と再会。
今は、“村田藍”と名前を変え、顔も変えて生きているという。
そこに、木村さつき(麻生祐未)木村みきお(安藤政信)が現れる。
さつきとみきおの素性を知り、ショックを受ける心。
だが、それ以上に、鈴が協力を拒否してきたことに。。。。

敬称略


脚本は、高橋麻紀さん

演出は、石井康晴さん


過去から未来へ。。。いや、現代へ帰還。

さあ。。。。ってことである。

今回は、新章の始まるというコトで、状況説明だね。


次回の進め方次第か。

。。。こればっかりだな。。。。(苦笑)

面白味はあるけど、引っ張っている印象が強いからね。

仕方ないかな。

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

テセウスの船 第4話

現代にタイムスリップして戻ってしまった心(竹内涼真)を待ち受けていたのは、変わり果てた未来でした。 文吾(鈴木亮平)は相変わらず連続毒殺事件の無実の罪をかぶった日々を過ごしていて、和子(榮倉奈々)と兄・慎吾(番家天嵩)は心中して亡くなっていました。 由紀(上野樹里)が亡くなった歴史も変わっているのではないかと考えた心は、わずかな希望を胸に由紀の実家を訪れて、彼女と遭遇します。 しかし、...
[続きを読む]

ぷち丸くんの日常日記 | 2020年02月10日(Mon) 10:16


テセウスの船 第4話 「変わり果てた未来…死んだはずの妻と再会運命の行方」

タイムトリップして戻った世界は、あまりにも変わり果てた、驚嘆の世界何より驚いたことは、亡くなったはずの最愛の妻・由紀(上野樹里)が生きてて、新聞記者として、彼を追求行方知れずだった姉・鈴(貫地谷しほり)は、整形して生きてる、とのことだったし優しい小学校の先生だった、麻生祐未は、不気味なシルバーヘアの、あやしげな存在に。どうも、鈴の姑のような存在で、下半身不随となり車いすで暮らす男・木村みきお...
[続きを読む]

のほほん便り | 2020年02月10日(Mon) 07:29


テセウスの船 (第4話・2020/2/9) 感想

TBSテレビ系・日曜劇場『テセウスの船』(公式) 第4話『第2章・変わり果てた最悪の未来』の感想。 なお、原作の漫画、東元俊哉「テセウスの船」(講談社モーニング)は、未読。 突然、濃い霧に包まれてタイムスリップし、2020年の現代に戻ってしまった心(竹内涼真)。事態の悪化を知り打ちひしがれながらも、拘置所に収監されている文吾(鈴木亮平)との面会を果たす。年老いた文吾は、娘・鈴(貫地谷...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2020年02月09日(Sun) 23:30


日曜劇場『テセウスの船』第4話

内容平成元年から、現代へと戻ってきた心(竹内涼真)少しでも未来が良い方向にと期待していたが、母と兄が心中。父・文吾(鈴木亮平)は、やはり死刑囚として囚われていた。そのう...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2020年02月09日(Sun) 21:56