FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

木曜ドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』第1話

内容
念願の刑事となった仲井戸豪太(桐谷健太)は、横浜桜木署へ異動となる。
気合い十分の豪太は、管内で連続空き巣事件が起きていると知り、
「俺が、犯人を捕まえてやりますよ」と豪語する。
盗犯係ではなく、強行犯係。。。。だったが。。。張り込みを開始。
運良く、空き巣犯の逮捕に成功するが、顔を見て愕然とする、
元体育教師だった豪太の教え子・滑川秀幸(馬場徹)だった。

ショックを受ける豪太は、家に帰って号泣。
妹・みなみ(比嘉愛未)に打ち明けたところ。
上司の検事・真島修平(東出昌大)が担当となったと分かる。

敬称略


脚本は、福田靖さん

演出は、本橋圭太さん


“刑事モノ”であり“検事モノ”の。。。“バディモノ”らしい。


本来なら、初回なので、

説明や、特徴的な演出については、横に置いて置くが。

ダブル主人公と言うだけで無く。

それぞれに部署があるため、説明と特徴的な演出の“量”が、ハンパないです。

頭が痛いのは、

本編だけを取り出せば、1時間のうち。。。10~15分程度。


正直、終盤になるまで。

何を描こうとしているのか?が、良く分からなかったよ(苦笑)


“連ドラ”だと考えれば、明らかにツカミに失敗している。

かなり致命的な初回。

意図は伝わってくるんですよ。

ただ、本編以外の情報量が、信じられないほど多いだけ。

“らしさ”としては、成立させているんだけどなぁ。。。。


これ、説明はともかく。オモシロ味のある部分も、多いから。

演出的に、ここまで、やり過ぎなければ、

もう少し、普通な感じで楽しめたんじゃ?

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケイジとケンジ 所轄と地検の24時 (第1話/15分拡大・2020/1/16) 感想

テレビ朝日系・木曜ドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』(公式) 第1話/15分拡大の感想。 神奈川県警の刑事・仲井戸豪太(桐谷健太)は、今という時代に重視されるコンプライアンスも意に介さず「とにかく犯人を逮捕して、被害者に感謝されたい」と躍起になる熱血漢。一方、横浜地方検察庁の検事・真島修平(東出昌大)は、「犯罪者を裁くための一番の社会正義は、起訴すること。そのために証拠を集...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2020年01月17日(Fri) 08:12


ケイジとケンジ 所轄と地検の24時 #01

『ビッグバディ始動』
[続きを読む]

ぐ~たらにっき | 2020年01月16日(Thu) 23:57


木曜ドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の...

内容念願の刑事となった仲井戸豪太(桐谷健太)は、横浜桜木署へ異動となる。気合い十分の豪太は、管内で連続空き巣事件が起きていると知り、「俺が、犯人を捕まえてやりますよ」と...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2020年01月16日(Thu) 22:10