FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

相棒season18 第12話


『青木年男の受難』
内容
ある日、特命係にサイバーセキュリティ対策本部の土師太(松嶋亮太)が現れる。
青木(浅利陽介)に頼まれ、右京(水谷豊)に本を返しに来たと言う。
全く身に覚えがない本だった。違和感を抱いた右京、亘(反町隆史)は、
土師に、青木のPCの分析を依頼。
外部から警視庁のデーダベースにアクセスしていると判明。
青木の自宅マンションへと向かうと、玄関前に青木の所持品が落ちていた。
その中には、警察手帳も。何者かに拉致された可能性が浮上する。
事情を内村刑事部長(片桐竜次)伊丹(川原和久)たちに伝え、
青木が、何らかの工作を行っていると説明。
秘密裏に、伊丹たちだけでなく、特命係も青木の捜索を開始する。

右京と亘は、青木がアクセスしていた事件の神田北署を訪れ、
刑事課係長・後藤嗣昌(津村知与支)、部下の木村信士(中村優一)から
捜査資料を見せてもらう。
土師の情報で、金狼会幹部刺傷事件へのアクセスが浮上。
襲われた幹部の広瀬によると、銀龍会の黒川龍蔵、龍臣が、
構成員の相良治夫に命じて。。。刺されたと。
それは、捜査資料通りの話だった。
その後、木村の話で、相良の身代わり出頭の可能性が。。。

捜査資料を読みながら、妙な印象を受け始めた右京。
そんなとき、青木が、別の事件にもアクセスしていると分かってくる。
重過失致死事件。石井直久が、千葉義人を死に至らしめた事件だった。
被害者の千葉の同僚・浜崎洋介、戸川孝史の証言と、
加害者本人の自供で逮捕されたようだが。。。。冤罪の可能性が。。。

敬称略


脚本は、児玉頼子さん

監督は、杉山泰一さん



あえて、わざと取り上げますが。

5年前“13-19ダークナイト”において。

今作《相棒》の定番ネタである“正義の暴走”を描いた。

今回も、そのひとつですね。

ただ、それだけじゃ、ワンパターンなので、

青木と同僚を混ぜることで、ファンを楽しませるように工夫してきた。

オチも含めて、なかなかのエピソードですね。

大絶賛するまでは、いきませんが。

意外と秀作に当たる。。。。かもね。



関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

相棒18 テレ朝(1/15)#12

第12話 青木年男の受難 あらすじサイバーセキュリティ対策本部の土師太(松嶋亮太)が、青木(浅利陽介)に頼まれたと言って、右京(水谷豊)に本を返しに来た。貸した覚えのない右京は事情を探ると、青木が無断欠勤している上、外部から警視庁のデータベースにアクセスしていることが判明。昨年、神田北署の管轄で起きた事件を調べていることが分かる。不穏な空気を感じ取った右京と亘(反町隆史)は、刑事部長の内村(...
[続きを読む]

ぬるーくまったりと 3rd | 2020年01月16日(Thu) 19:19


相棒18 第12話

右京さん(水谷豊)の元に、青木(浅利陽介)と同じサイバーセキュリティー対策本部の土師(松嶋亮太)がやって来ます。 青木から電話が入り、緊急手術をするためにしばらく休むので、右京さんに本を返してほしいと頼まれたと言います。 しかし、土師から渡された本は右京さんの物ではなく、不審を抱いた亘(反町隆史)は青木の携帯に電話をかけますが、繋がりません。 捜査を始めた右京さんと亘は、青木のマンショ...
[続きを読む]

ぷち丸くんの日常日記 | 2020年01月16日(Thu) 10:38


相棒 season18 (第12話・2020/1/15) 感想

テレビ朝日系・『相棒 season18』(公式) 第12話『青木年男の受難』の感想。 右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、青木(浅利陽介)と同じサイバーセキュリティ対策本部に勤める土師(松嶋亮太)の話から、青木が何者かに拉致された可能性に気付く。青木は所轄で起きた事件データに外部からアクセスしており、右京と亘は同署刑事課係長・後藤(津村知与支)に捜査協力を依頼。若手刑事・木村(中村優一...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2020年01月16日(Thu) 08:43


相棒season18 第12話

『青木年男の受難』内容ある日、特命係にサイバーセキュリティ対策本部の土師太(松嶋亮太)が現れる。青木(浅利陽介)に頼まれ、右京(水谷豊)に本を返しに来たと言う。全く身に...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2020年01月15日(Wed) 22:01