FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

日曜ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第1話

内容
“ミスパンダ”を名乗る謎の女が、悪党を一蹴する動画が世間を騒がせていた。

囲碁棋士の川田レン(清野菜名)は、そのネガティブな性格のせいで、
試合に勝てず苦悩していた。
親代わりである囲碁喫茶“GOBAN”の加賀春男(升毅)は、
以前は、あれだけ強かったのにと。。。口にする。

そのころ“メンタリストN”としてテレビで有名な医学生の森島直輝(横浜流星)
ある日、“Mr.ノーコンプライアンス”(佐藤二朗)の呼び出しを受け、
「この案件は、あなたが白黒付けて下さい」と、指令を受ける。
顔に包帯を巻いた女性・横山愛菜が飛び降り自殺をした案件についてだった。
様々な噂が飛び交っているが、警察は自殺として処理していた。

同じ頃、全日テレビのディレクターの神代一樹(要潤)は、
包帯女の死について調べていた。整形を行い。。医療ミスの噂があったのだ。

レンは、極端にネガティブな性格の治療のため、
東京誠立大学の精神科医・門田(山崎樹範)のもとを訪れていた。
そこで門田が指導をしている直輝に会うことが、唯一の楽しみだった。。。。

敬称略


脚本は、佐藤友治さん

演出は、遠藤光貴さん


注目すべきは、内容よりも

今回の“日曜ドラマ”が、読売テレビ制作だということかな。

“木曜ドラマF”も継続して制作しているので、

週2になるってことだ。


まあ、世間的には、キャスティングに注目が。。。なのだろうけどね。

それ言い出したら。

個人的に、驚いたのは

宇田学さんが企画監修になっていること。


そう。どうやら、脚本、演出なども加味して考えると。

何かしらの縦軸を起きながら、

ある種、本格的な勧善懲悪モノを作るというコトのようだ。

最近の“日曜ドラマ”のように、

捻っているつもりで、イマイチな作品よりも。

シッカリと作られた作品の方が、受けは良いかもしれません。

一応、俳優も揃えていますしね。

見せ方も、シッカリと勧善懲悪モノだし。悪くは無いです。


あとは、好みの部分だろうけどね。

日曜なんだから、これくらいがちょうど良いでしょう。


あ。。。ヒトコト言わせてもらえば。

出来れば。。。“土曜ドラマ”で放送して欲しかったです。

その方が、数字が稼げたと思いますよ。

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 #01

『忖度なしで暴け!』
[続きを読む]

ぐ~たらにっき | 2020年01月13日(Mon) 22:39


シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 第1話

囲碁棋士の川田レン(清野菜名)はネガティブな性格のせいで試合に勝てずに悩んでいました。 精神科医・門田(山崎樹範)のカウンセリングを受けているレンの唯一の楽しみは、医学生・川島直輝(横浜流星)から時折、「パンケーキを食べに行こう」と誘われることです。 直輝は、テレビ局の報道記者として働く恋人・佐島あずさ(白石聖)に頼まれて、メンタリストNとしてバラエティ番組に出演していました。 彼は自...
[続きを読む]

ぷち丸くんの日常日記 | 2020年01月13日(Mon) 15:54


シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 (第1話・2020/1/12) 感想

日本テレビ系・日曜ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(公式) 第1話の感想。  囲碁棋士の川田レン(清野菜名)はネガティブな性格のせいで試合に勝てず悩んでいた。そんなレンの唯一の楽しみは、医学生・森島直輝(横浜流星)に時折、「パンケーキを食べに行こう」と誘われることだった。  世間では、裏で甘い汁を吸う悪人たちを懲らしめる謎の人物“ミスパンダ”が話題となっていた。そ...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2020年01月13日(Mon) 09:49


日曜ドラマ『シロでもクロでもない世界で、...

内容“ミスパンダ”を名乗る謎の女が、悪党を一蹴する動画が世間を騒がせていた。囲碁棋士の川田レン(清野菜名)は、そのネガティブな性格のせいで、試合に勝てず苦悩していた。親...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2020年01月13日(Mon) 00:35