fc2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

日曜劇場『グランメゾン東京』第10話


内容
祥平(玉森裕太)が起こした過去の事件を、リンダ(冨永愛)が告発。
それにより“gaku”を去る事になった祥平を尾花(木村拓哉)は店に誘う。
だが、皆に迷惑がかかると、断りを入れる祥平だったが、
いずれ皆に知れ渡ると諭され、祥平は、グランメゾンのスタッフに謝罪する。
謝罪に驚く、倫子(鈴木京香)たち。
気付いていた京野(沢村一樹)は、何も語らなかったが。
どうしても、相沢(及川光博)は納得出来なかった。
あの時、謝ってくれていれば。。。と。
尾花はリンダが、祥平のこと、グランメゾン東京のことを口にしていたと告げる。
祥平は、その場から逃げるように去ろうとすると、尾花が引き止める。
そして京野が、料理を食べて行けと。。。腕を振るうのだった。
京野は、その料理を祥平に出して。。。。。。そして尾花も。。。
悩んだ結果、倫子は、祥平を雇うことを決断する。

そのころ、丹後(尾上菊之助)は新メニューで苦戦していた。
すると江藤(手塚とおる)が。。。

敬称略


脚本は、黒岩勉さん

演出は、山室大輔さん



ついに、祥平が。。。っていう話である。

途中で、尾花が言ったように、

こだわり続けている理由が分からないままで。

そこが、ものすごくモヤモヤするのだが。

ドラマとしては、それほど悪くは無い。

人間関係で、シッカリと見せてきているしね。


ただ“大人の事情”からか。

時間延長をしてしまっているので、若干、間延びしてしまっているのが。

正直、いただけない。


延長しないほうが、よかったんじゃ?


関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

グランメゾン東京 第10話 「最終回前スペシャルミシュランの調査が始まった!涙の料理とは裏切者は敵…

秋ドラマが次々と最終回を迎える中、ほとんど、トリになりそうなのは、あるいは、主役級ズラズラな豪華ドラマの作戦なのかな?尾花(木村拓哉)は、リンダ(冨永愛)の告発によってgakuを去ることになった祥平(玉森裕太)をグランメゾン東京に誘いますが、また、この台詞と仕草が、キムタクならでは、で、かっこいい!また、玉森裕太、主役級な大人達の中で、埋もれてないのに、この役を任された意味… スター性と将来...
[続きを読む]

のほほん便り | 2019年12月23日(Mon) 16:43


グランメゾン東京 第10話

夏樹(木村拓哉)は、リンダ(冨永愛)の告発によって丹後(尾上菊之助)のいるgakuを去ることになった祥平(玉森裕太)をグランメゾン東京に誘います。 一度は断る祥平ですが、京野(沢村一樹)をはじめとした店のメンバーの説得を受けて・・・ 京野が作ったぼんやり料理のおかげかも(汗) 3年前の事件を起こしたのが祥平だと知った相沢(及川光博)と倫子(鈴木京香)は、受け入れに難色を示しますが、萌絵...
[続きを読む]

ぷち丸くんの日常日記 | 2019年12月23日(Mon) 09:40


グランメゾン東京 (第10話/20分拡大・2019/12/22) 感想

TBSテレビ系・日曜劇場『グランメゾン東京』(公式) 第10話/20分拡大『キジバトのドゥミ・アンクルート』の感想。 祥平(玉森裕太)が尾花(木村拓哉)たちの店を訪れ、3年前の事件に関する秘密を打ち明けて謝罪する。フレンチ料理人をやめようとしていた祥平だが、京野(沢村一樹)は自身にはない才能がある彼がフレンチの世界から出て行くことに納得できない。尾花と京野は、祥平を店で雇うべきだと訴...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2019年12月23日(Mon) 07:50


日曜劇場『グランメゾン東京』第10話

内容祥平(玉森裕太)が起こした過去の事件を、リンダ(冨永愛)が告発。それにより“gaku”を去る事になった祥平を尾花(木村拓哉)は店に誘う。だが、皆に迷惑がかかると、断...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2019年12月22日(Sun) 22:13