FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

シャーロック アントールドストーリーズ 第8話


内容
江藤(佐々木蔵之介)が、獅子雄(ディーン・フジオカ)を訪ねてくる。
エリート官僚の柴田雅樹(久保田悠来)と仕立て屋の三崎雄一(佐伯大地)
の男性2人が毒物で心中したと。
全く興味がない獅子雄に、江藤は2枚のライオンの写真を見せる。
吼えている写真と、死んでいる写真。
現場に残されていたという。若宮(岩田剛典)が疑問を口にすると。
江藤が、獅子雄を煽り。。。。。写真の裏には、妙な文面。
獅子雄は、暗号文と考え、解読する。
ふたりとも、あるビジネススクール“サットン”の卒業生。
解読から現れた名前は、その校長・安蘭世津子(長谷川京子)
何かがあると感じる獅子雄は、ビジネススクールへと向かう。
早速、世津子から話を聞くことにしたが、上手くかわされてしまう。

その帰り、職員の北山彩(谷村美月)からも話を聞くと。
柴田が官僚であるコトや、2人の関係を知らなかったよう。

一方で、三崎の勤めていたテーラーの主人(清水紘治)によると。。。。

そんななか、獅子雄は、
柴田の葬儀場において。。。兄・万亀雄(高橋克典)と再会する。

敬称略


脚本は、上田恒さん

演出は、永山耕三さん



エピソード自体は、それほど不満は無いのだが。

ただ、“次”へのネタフリも兼ねているからだろうか。

今までより、事件の謎解きより、登場人物の“やりとり”に終始している感じだ。

まあ、ドラマとしては、正しい見せ方でしょうけど。

ミステリーとしては、若干、モヤモヤが残るかな。

“連ドラ”だから、仕方あるまい。


面白いのになぁ。。。。



関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

シャーロック 第8話

江藤(佐々木蔵之介)が、経産省のエリートを含む男性2人の心中事件の動機解明を獅子雄(ディーン・フジオカ)に依頼します。 「心中など現代に存在しない」と関心を示さない獅子雄と、潤一(岩田剛典)ですが、江藤は現場に残されたライオンの写真を見せます。 写真の裏には暗号らしい文面も書かれてあり、そこから浮かび上がって来た名前を見た獅子雄は・・・ 発見された2人の遺体の身元は、官僚だった男性が柴...
[続きを読む]

ぷち丸くんの日常日記 | 2019年11月26日(Tue) 11:12


シャーロック 第8話 「遺書の暗号は殺しの招待状」

いよいよ、終章へのステップ。今回のゲストは、女優の長谷川京子と谷村美月、でした。どうやら、長谷川京子の役柄。シャーロックの宿敵、モリアーティならぬ、守谷壬三に、つながってるみたいです。そして、ホームズ・誉獅子雄(ディーン・フジオカ)の兄。マイクロフトならぬ、異母兄で高級官僚の万亀雄(高橋克典)が登場。役者が揃いました。江藤礼二(佐々木蔵之介)が、誉獅子雄(ディーン・フジオカ)に、経産省のエリ...
[続きを読む]

のほほん便り | 2019年11月26日(Tue) 06:53


シャーロック アントールドストーリーズ (第8話・2019/11/25) 感想

フジテレビ系・月9『シャーロック アントールドストーリーズ』(公式) 第8話『遺書の暗号は殺しの招待状』の感想。 なお、原作の小説、アーサー・コナン・ドイル「シャーロック・ホームズ」シリーズ」は既読だが、全作品ではない。 経産省勤務の柴田(久保田悠来)と東京・永田町のテーラーで働く三崎(佐伯大地)が男性同士で‘心中’し、江藤(佐々木蔵之介)が獅子雄(ディーン・フジオカ)に動機解明を依...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2019年11月26日(Tue) 04:00


シャーロック アントールドストーリーズ ...

内容江藤(佐々木蔵之介)が、獅子雄(ディーン・フジオカ)を訪ねてくる。エリート官僚の柴田雅樹(久保田悠来)と仕立て屋の三崎雄一(佐伯大地)の男性2人が毒物で心中したと。...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2019年11月25日(Mon) 21:58