FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』第44回


「ぼくたちの失敗」
内容
東京オリンピックを2年後に控えた昭和37年。
インドネシア・ジャカルタで開かれるアジア大会で問題が発生する。
イスラエル、台湾に、招待状を送っていなかったのだ。
そのため、ボイコットする国が出るなど、国際問題に発展してた。
参加によっては、オリンピックに影響する可能性があったが、
川島(浅野忠信)に問い正された田畑(阿部サダヲ)は、大会への参加を決断。
大会を心待ちにするインドネシアの人たちのためにと。

だが、大会への参加を決めたことで、川島は、田畑だけで無く、
津島(井上順)東(松重豊)を非難する。
マスコミも、その決断を非難しはじめる。
その後、大会が無事に終了するも。帰国した田畑たちへのバッシングは収まらず。
田畑が説明をしても、説明をすればするほど、非難殺到。
ついに川島が動き、田畑たちは国会で説明そして謝罪をすることになってしまう。
そして数日後、田畑と津島が組織委員会を辞任に追い込まれるのだった。

敬称略


演出は、大根仁さん


“日本人は、美談より、醜聞が好きなんだな”

きっと、これだよね。これ。


それにしても。

ものすごい話しになりましたね。

今作は、たまに、こういうシリアスなエピソードがありますから。

これはこれで、“らしさ”もあって、良い感じである。


本心を言えば、

それなりに、スルーして、明るく楽しく。。。でも良いと思うんだけどね。

でも、それをやってしまうと。

事実と違うからと。。。いろいろ言われるだろうから。

こういうエピソードも、仕方ないことだろう。


関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)第44回「ぼくたちの失敗」

1962年、アジア大会の開催国であるインドネシアが台湾とイスラエルの参加を拒んだことが国際問題に発展。ボイコットする国も出る中、田畑政治(阿部サダヲ)率いる日本選手団は、参加を強行し…… 帰国後、まーちゃん・田畑、猛バッシングを受けることに。川島(浅野忠信)は、田畑の事務総長解任後に、動き「製菓の寝業師」の翻弄発揮! 浅野忠信、不敵な面構えからして、巧いなぁ…一方、脳出血で半身まひを患った志...
[続きを読む]

のほほん便り | 2019年11月25日(Mon) 08:24


大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺...

「ぼくたちの失敗」内容東京オリンピックを2年後に控えた昭和37年。インドネシア・ジャカルタで開かれるアジア大会で問題が発生する。イスラエル、台湾に、招待状を送っていなか...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2019年11月24日(Sun) 18:44