FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

水曜ドラマ『同期のサクラ』第7話


内容
入社7年目。サクラ(高畑充希)の夢である“故郷の橋”の着工が始まった。
ただ、子会社にいるため、携わることが出来ずにいた。

そんなある日、黒川(椎名桔平)常務から本社への呼び出しを受ける。
橋に問題が起きたという。
黒川と、土木部の桑原(丸山智己)によると、
工事が始まり、地盤が弱いと分かったという。
そのため、より深く基礎を打ち込む方が良いと分かったと。
ただし、様々な調査などでも、国の安全基準をクリアしているため。
初期の状態でも、十分だというコト。
が、その安全性に疑問を抱く噂がネットを中心に流れ、
島の人たちにも噂が広がり、不安を抱き始めたと言うことだった。
安心させるため、現地説明会で話をして欲しいという。

サクラは、同期の百合(橋本愛)葵(新田真剣佑)
菊夫(竜星涼)蓮太郎(岡山天音)と島に行くコトを
祖父・柊作(津嘉山正種)に連絡を入れた上で。。。。島へと向かう。

島に着いたサクラは、祖父の状態が悪いと知る。

敬称略


脚本は、遊川和彦さん

演出は、南雲聖一さん



前回と同じで、

主人公が影響を与えてきた仲間達からフィードバック。

そこに、初回からの“夢”を加えてきたエピソードだ。

最終章前には、ちょうど良い感じかな。

いろいろあったことの集大成と言える無いようだしね。

ま。。。夢が。。。祖父が。。ってのは。。。作風だし(笑)


それにしても、難しいことを。。。。

これ、ほんと、どうするつもりだろうなぁ。

作者が作者なので、予想を超えてくるだろうけど。



関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

同期のサクラ 第7話

2015年11月、サクラ(高畑充希)は花村ホームに飛ばされたまま社会人7年目を迎えていました。 故郷の美咲島に架かる橋が着工しましたが、サクラは何故か不安な夢ばかり見るようになります。 ある日、サクラは突然、黒川(椎名桔平)から「島に架かる橋に問題が起きた」と呼び出されます。 常務に出世した黒川はサクラに、橋の安全性について不安を抱いている島民たちを、現地の説明会で説得してほしいと頼み...
[続きを読む]

ぷち丸くんの日常日記 | 2019年11月21日(Thu) 11:03


水曜ドラマ『同期のサクラ』第7話

内容入社7年目。サクラ(高畑充希)の夢である“故郷の橋”の着工が始まった。ただ、子会社にいるため、携わることが出来ずにいた。そんなある日、黒川(椎名桔平)常務から本社へ...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2019年11月20日(Wed) 23:01