レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風林火山 第37話 義の行く末

内容
御北様に呼び出された勘助は、
晴信のことを頼まれる。
そして、勘助は、今川家が太郎との婚儀を承知したことを
北条家に伝えるべく、小田原城へと向かう。
そのころ、北条氏康は、関東管領・上杉憲政へ最後の攻めをしていた。
憲政は、重臣・長野業政の進言により、
越後・長尾景虎のもとへと落ち延びる。
嫡男竜若丸を家臣・妻鹿田新介とともに、上州に残して。。。
景虎に臣下の礼をもって、むかえられた憲政であったが、
その場で嫡男を残した行いをとがめられるのだった。
嫡男救出へ、景虎に兵を出してもらおうとしたが、
すでに、竜若丸はこの世にはなかった。

一方、小田原に入った勘助は、
氏康に、今川との婚儀を伝えた上で、
北条と誼を通じたいと伝えるのだった。
それは、相模、甲斐、駿河、三国の盟約。
そんな氏康たちの前に、知らせが入るのだった。
憲政家臣・妻鹿田が、竜若丸を捕らえ小田原城に連れてきたと。。

氏康は、自身が嫡男に『義』を伝えるとともに、
竜若丸の目に力を見いだし、『真のもののふ』としての最期を与える。

そして、甲斐に帰った勘助は、
晴信に娘を北条家に嫁がせるように進言するのであった。。。








『母の遺言』と言うことですが。

『母』と言うからには、晴信に言わなきゃならないんじゃ???

って思ってしまった(^_^;




さて、最期の時が迫ることを知った御北様こと大井夫人は。

勘助に
『由布姫は諏訪にいてこそ、コト武田家との縁と言えるのです
 それは四郎とて同じです
 どうか、無益な諍いなど起きぬよう
 勘助、そなたがよくよく見守って欲しい。頼みます
 晴信は、良き父にはなれませぬ
 それは、母だからわかるのです
 母として、その事だけが気がかりでなりませぬ
 もし、この武田家が滅ぶとしたら、それは
 晴信が、己の父にしたことの報いでしょう。

三条夫人に
『苦労など、修行と思えばよい
 コレがそなたに残せる唯一の言葉です
 私は、今、幸せなのです


『行く末』を、まるで知っているかのような言葉(^_^)b



もしかしたら、予言者なのかもって
本気で思ってしまった(^_^;



ま、それはさておき。




今回は、
長野と憲政
憲政と景虎

氏康と新九郎
氏康と勘助
氏康と竜若丸

そして、勘助と晴信

完全に、箇条書きで『歴史の流れ』を見ている感じ。

それぞれに、『小さな盛り上がり』となっているため。

全般的に、テンポも良く、
楽しい感じのワクワク感が少しある。

まるで『歴史ドラマ』のようである(^_^)b


その意味では、
このあとの『盟約』のこともあるし、
『コレからのこと』もあるから、

かなりのネタフリがされて、歴史ファンとしては
かなり面白い!!!



ただ、普通に見ているだけでは、
大井夫人の死も含めて、
『小ネタ』の集まり程度にしか見えないため、
見る人により、『面白さの差』が出てしまうのも事実だろう




今回のお話だけでなく、コレからのことを考えれば。
すべては、『御書置』

『義を守りての滅亡と、
 義を捨てての栄華とは
 天地格別にて候』


今回の話だけでなく、
大井夫人によるネタフリ、
景虎の行動
勘助によるネタフリなど。

コレがすべてを意味している(^_^)b


まぁ、こんな風に
小ネタは面白かったんだけどね。



板垣の時のように、
『お涙頂戴』にしてしまうのもどうかと思うが、

『母の遺言』と銘打ってるのだから、
大井夫人の死で、もう少し盛り上げても良かったかもしれません。




これまでの感想
第36話 
第35話その2 第35話その1 第34話 第33話 第32話 第31話 
第30話 第29話 第28話 第27話 第26話
第25話その2 第25話その1 第24話 第23話 第22話 第21話 
第20話 第19話 第18話 第17話 第16話
第15話 第14話 第13話 第12話その2 第12話その1 第11話
第10話 第9話 第8話 第7話 第6話
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話


関連記事
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。