FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

日曜劇場『グランメゾン東京』第4話

内容
プレオープンまで7日。
リンダ・真知子・リシャール(冨永愛)が現れる。
世界的に有名なグルメ雑誌編集長で、その評価で店の成否が決まるほど。
尾花(木村拓哉)は、美食家、評論家より信用出来ると、
リンダに試食させることを倫子(鈴木京香)に了承させる。
そして尾花は、デザートの改良が必要だと、松井萌絵(吉谷彩子)をスカウト。
若いことから疑いの目を向ける倫子だが、様々な賞を受賞していた。
早速、萌絵に試作品を作らせてみせた尾花だったが、
相沢(及川光博)京野(沢村一樹)たちは、高評価を与える。
だが“期待外れ”だと尾花と倫子は告げる。
コースの一番最後を締めくくる大事な役割が有ると、自分が作ると宣言。
時間が無い中で、プレオープンまでに作るという尾花。
すると萌絵も作ると言い、帰っていくのだった。

デザートを作り始めた尾花は、萌絵が作ったモノをSNSにアップしたと知る。
そのモンブランを見て、祥平(玉森裕太)も関わっていると気づき、
気合いが入る尾花。
プレオープン前夜。萌絵が試作品を持ってくる。
それを食べた尾花たちは。。。。。

そしてプレオープン当日。
招かれた大勢の客の中に、リンダそして祥平の姿もあった。
順調に料理を出していく尾花たちだが、
魚料理のとき、突然、スタッフの柿谷(大貫勇輔)が姿を消してしまう。
京野は祥平のテーブルへと行き。。。

敬称略


脚本は、黒岩勉さん

演出は、山室大輔さん


ほぼ王道で、特に不満は無いのだが。

少し気になったのは、前回より、もっと尾花の見せ方が弱めになったことか。

全体的にバランスは良くなっているし、人間関係の描写も悪くない。

群像劇として適正化されていると感じます。

役割分担も、ものすごく正確だしね(笑)

正直、雑な部分が無くて、ほんと、正確すぎると言って良いくらいだ。

だからこそ。

特徴的というか、“何か”が欲しいんですよね。

本来、その要素が“キムタク”じゃないのかな?

シッカリと作り込まれすぎて、息が詰まるのである。

ほんと、遊びがないからね。

ちょっと、気合いが入りすぎている感じかな。



関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

グランメゾン東京 (第4話・2019/11/10) 感想

TBSテレビ系・日曜劇場『グランメゾン東京』(公式) 第4話『モンブランアマファソン』、ラテ欄『最大の敵現る! 涙の師弟対決!! 料理完成』の感想。 世界的グルメ雑誌の編集長・リンダ(冨永愛)が「グランメゾン東京」のプレオープンに自分を呼んでほしいという。申し出を受けた尾花(木村拓哉)達は、リンダがコース料理で大事にしているデザートの改良に乗り出すことに。尾花は倫子(鈴木京香)、京野...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2019年11月11日(Mon) 11:59


グランメゾン東京 第4話

夏樹(木村拓哉)と倫子(鈴木京香)たちが立ち上げたフレンチレストラン・グランメゾン東京のプレオープンが間近に迫って来ます。 しかし、その日に世界的に名声が高いグルメ料理雑誌の編集長・リンダ(冨永愛)が来店することになります。 リンダの評価一つで店の今後が決まるとあって、倫子は頭を抱えてしまいますが、夏樹はやる気を出していました。 そんな中、夏樹が突然、デザートを作り直すと言い出します。...
[続きを読む]

ぷち丸くんの日常日記 | 2019年11月11日(Mon) 09:56


グランメゾン東京 第4話 「最大の敵現る!涙の師弟対決!!料理完成」

いよいよプレオープンを迎えることになったグランメゾン東京。その目玉となるデザートを巡る、木村拓哉vs玉森裕太の、“デザートバトル”の回、だったかな?だがそこに急遽、「マリ・クレール ダイニング」の編集長・リンダ(冨永愛)がくることに。彼女は世界的にも名声が高く、彼女の評価一つで店の今後が決まってしまうほどの影響力があったのです。やる気を燃やす、尾花(木村拓哉)に対し、緊張と不安が高まる倫子(...
[続きを読む]

のほほん便り | 2019年11月11日(Mon) 07:34


日曜劇場『グランメゾン東京』第4話

内容プレオープンまで7日。リンダ・真知子・リシャール(冨永愛)が現れる。世界的に有名なグルメ雑誌編集長で、その評価で店の成否が決まるほど。尾花(木村拓哉)は、美食家、評...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2019年11月10日(Sun) 21:56