レベル999のFC2部屋

獣拳戦隊ゲキレンジャー 第29話 操獣刀のありか

内容
猫師匠がケンに預けていた獣拳創始者の刀・操獣刀。
だが、ケンは、売ってしまっていた。
それを取り戻そうと、中華街の怪しげな骨董品店へと。
そこには、含韻という、女性がいた。
事情を話すと、
激獣拳使いはウソつきだから売らないという。
そして、逃げて行ってしまった。
追っていく、ケンとレツ。
そこには一枚の写真。
どうやら、バット・リーと何か関係があるようだった。。。







なんだか、今回のゲキレンジャーは
『普通の戦隊モノ』ですね。

一応の話を成立させながら、
あれこれとドタバタと。。。。
ケンが中心になってしまっているというのもあるのかもしれない。



今回は、リーの過去に関わる話。
まぁ、
獣拳に人生を捧げたって言うだけで、
『捨てられた』と言うのが、少し気になるところ

せめて、別れたところが詳細であれば、
たとえば、臨獣の大乱に、出て行くところとか。。。

そんなのがあれば、納得感があったんだろうけどね。

まいいや。そんなところだろう。


ただね。
この手のタイプの、怪しげな関係者は、
もっと序盤に登場させれば、

いろんな『お話』を作れたと思うんですけどね

激獣拳の秘宝を、いろいろと。。。ってね
もったいないことを。。




さて、
ドタバタ戦隊はさておき。

ほんの数カットのみの理央
理央だけは、いつも真剣モードですね。

ドタバタがあるから、緊張感が引き立ちますよね(^_^)b

っていうか、
理央のために、引き立て役に回っている感があるね。。。。

ゲキレンジャーサイドのお話って(^_^;




戦いは

『転臨気』なるワザを使った、チョウダ。
きっと次回も再登場するんだろうね。

タマゴだもん、タマゴ。

それにしても
相手の力を受けて強くなるんだったら

もうちょっとゲキレンジャーには苦戦して欲しかったなぁ。

怒臨気まとっているチョウダが、
格下ーズの
ジャン、ラン、ゴウの3人でやられるとはね(^_^;


強いんだか、弱いんだか、
よく分かりません。




次回があるから、ちょっと期待してますけどね

それにしても、
戦いがもったいないなぁ。。。。



これまでの感想
第28話 第27話 第26話 
第25話 第24話 第23話 第22話 第21話 
第20話 第19話 第18話 第17話 第16話
第15話 第14話 第13話 第12話 第11話
第10話 第9話 第8話 第7話 第6話
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 




関連記事
スポンサーサイト