FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

水曜ドラマ『同期のサクラ』第4話


内容
サクラ(高畑充希)が眠り続けて3か月経とうとしていた。
見舞いに来た蓮太郎(岡山天音)は、4年前のコトを思い出す。

2012年9月。黒川(椎名桔平)との約束通り、
1年ぶりに社史編纂室から人事部に戻ってきたサクラ。
早速、社員のメンタルヘルスケアを命じられる。
各部を回り始めたサクラは、設計部の蓮太郎が、
竹田部長(佐伯新)たち同僚と馴染めていないと気付く。
イジメも受けているようだった。
そんななか蓮太郎がカッターを手にしたのを、止めたサクラは怪我をしてしまう。

その後、蓮太郎は出社しなくなり、心配し、家を訪れたサクラは、
父・仁太郎(遠山俊也)母・かおり(西尾まり)、弟・伸二郎の話で、
蓮太郎が、部屋に引きこもってしまっていると知る。
毎日のように、説得に訪れたサクラ。しかし蓮太郎は出てこない。
そこで同期の百合(橋本愛)菊夫(竜星涼)葵(新田真剣佑)に協力を求める。

敬称略


脚本は、遊川和彦さん

演出は、日暮謙さん



前回までよりも、“嘘をつかない”を強調してきましたね。

ま。。。忖度云々言ったところで、分かり難いからね。

基本的に、対象の相手は、自分から見て“上”の印象だし。

それ以外との関係性を考えれば、適切な選択だと言えるだろう。

結果的に言っていることが変わらないなら、

初めから“嘘をつかない”のほうが、良かったかもしれません(笑)

頭にスッと入ってくるし。


とはいえ。

やっていることは、ほぼ同じだけどね。


そこはともかく。頭が痛いのは、

演出が、ちょっと堅苦しいこと。真面目すぎるんだよね。

見ていると、疲れるのだ。

もう少し、ゆるいところが欲しいです。


関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

同期のサクラ 第4話

2012年9月、サクラ(高畑充希)は社史編纂室から、黒川(椎名桔平)、すみれ(相武紗季)のいる人事部へ戻り、社員のためのメンタルケアプロジェクトを担当することになりました。 各部を回る中で、ネガティブ思考で自分の殻に閉じこもる蓮太郎(岡山天音)が、いじめを受けていることを知ります。 あるきっかけで無断欠勤を続ける蓮太郎ですが、このままでは解雇されてしまうと聞いたサクラは、同期の力を借りよ...
[続きを読む]

ぷち丸くんの日常日記 | 2019年10月31日(Thu) 11:28


同期のサクラ 第4話 「4年目の挫折に負ける奴は、会社も辞めて一生引きこもってろ」

今回は、社会人4年目の出来事で、サクラ(高畑充希)の病室を訪れた同期は、蓮太郎(岡山天音)。当時のサクラの仕事は、ストレスチェックのアンケート調査の紙、回収で、同期の面々を回ってたのですが、今年も1級建築士の試験に落ちた上、部内で浮いて、おまけに、家庭で、父親が、脱サラして、ラーメン屋に転職。自宅で、ファミリー経営して、お店を出し、和気藹々なのにも嫉妬で、気に入らない彼は、彼は、自信を無くし...
[続きを読む]

のほほん便り | 2019年10月31日(Thu) 09:37


水曜ドラマ『同期のサクラ』第4話

内容サクラ(高畑充希)が眠り続けて3か月経とうとしていた。見舞いに来た蓮太郎(岡山天音)は、4年前のコトを思い出す。2012年9月。黒川(椎名桔平)との約束通り、1年ぶ...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2019年10月30日(Wed) 23:01