FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

連続テレビ小説『スカーレット』第26回

内容
圭介(溝端淳平)が、あき子(佐津川愛美)に恋をした。
喜美子(戸田恵梨香)は応援しようと、
あき子の父・庄一郎(芦屋雁三郎)に直談判。

数日後、あき子が、荒木荘を訪ねてくる。
あき子と笑顔で話をする圭介の姿に、喜美子の心がざわつく。

その夜、さだ(羽野晶紀)雄太郎(木本武宏)そしてちや子(水野美紀)が、
圭介のことを話をしていたところ、喜美子の様子がおかしいコトに気づく。
ちやこは、喜美子に。。。。「それが恋や」と。。。

敬称略



荒木荘の3人の会話が良いですね。

喜美子の前で話すこと。喜美子がいなくなって話すこと。

そして、言葉を交わさずに視線で。。。

やはり、会話は、その時々で、微妙に変わるモノ。

演出の部分もあるだろうが。

そういうことを、シッカリと描くことが出来る脚本。

それを演出、俳優が理解しているからこそ、

こんな微妙なニュアンスが、表現出来るのである。


その流れから、

“大人3人”が、喜美子に気遣い、心配する部分なんてのも、三者三様。


ほんとに、シンプルな話なのに、丁寧に描ききりましたね。

お見事でした。


関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

おはぎVSハンバーグ>『スカーレット』第26話

​​​​​​​​​​​「効果覿面の五文字」が何の効果もなかったのだと、喜美子に思えたのは「恋のアレコレにも男と女というものにも、まだまだ疎い」から―と、ナレーターは説明...
[続きを読む]

もう…何がなんだか日記 | 2019年10月29日(Tue) 15:23


おはぎVSハンバーグ>『スカーレット』第26話

​​​​​​​​​​​「効果覿面の五文字」が 何の効果もなかったのだと、喜美子に思えたのは 「恋のアレコレにも男と女というものにも、まだまだ疎い」から― と、ナレーターは説明していたけど 逆を言えば 「効果覿面の五文字」を聞いてホイホイと しかも、“お嬢様”のはずなのに一人でノコノコと アポなしでやって来た、あき子さんは 結構、場数を踏んでいる!? つまり、ベテランちゅーことですね(笑...
[続きを読む]

何がなんだか…ひじゅに館 | 2019年10月29日(Tue) 15:21


スカーレット (第26回・2019/10/29) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『スカーレット』(公式サイト) 第5週『ときめきは甘く苦く』の 『第25回』の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 喜美子(戸田恵梨香)の直談判の結果、圭介(溝端淳平)が恋するあき子(佐津川愛美)が荒木荘を訪ねてくる。突然の再会に舞い上...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2019年10月29日(Tue) 10:32


連続テレビ小説『スカーレット』第26回

内容圭介(溝端淳平)が、あき子(佐津川愛美)に恋をした。喜美子(戸田恵梨香)は応援しようと、あき子の父・庄一郎(芦屋雁三郎)に直談判。数日後、あき子が、荒木荘を訪ねてく...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2019年10月29日(Tue) 07:48