FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』第40回


『バック・トゥ・ザ・フューチャー』
内容
志ん生(ビートたけし)の話で、自分の過去を知った五りん(神木隆之介)
だが、志ん生の嘘がバレて、前座に降格してしまう。

昭和34年、東京へのオリンピック招致活動は、大詰め。
田畑(阿部サダヲ)と東龍太郎(松重豊)知事は、
NHKの解説委員である平沢和重(星野源)を東京都庁に招く。
IOC総会でスピーチを。。。と依頼するが、平沢は拒絶。
戦争が終わって10数年。時期尚早だという。
すると田畑は、“だからこそ”だと訴え、“オリンピック噺”を始める。

昭和20年。焼け野原となった東京を見た田畑は、
東龍太郎と松澤(皆川猿時)に、東京にオリンピックを。。。と夢を語った。
すぐさま、かつてオリンピックのために動いた人たちを集め、体協を設立。
昭和23年のロンドンオリンピック参加は認められなかったが、
古橋廣之進(北島康介)らを見いだして、GHQを説得。
オリンピックにぶつけるカタチで、日本選手権を開催したという。
その後、マッカーサーに直談判。全米選手権に参加したと。


敬称略


演出は、井上剛さん



そっか。。。直談判が、好きな言葉。。。ですか(笑)

もう、ほんと凄いねぇ。田畑さん。

その思いが、皆に“感染”していく感じだね。

あ。。。。認められていく。。。かな?

まさに、“オリンピック噺”である。



“泳ぐの辞めても、何も変わらない。

 泳げば、何か変わるかもしれない”



ってか、気のせいか。

今回だけを見れば、前回まで、必要無かったかも。。。。

あ、言いすぎか。

でも、そのレベルで、一気にまとめきったのは事実で。

もうちょっと、こんな感じで、これまでも見せていれば、

テンポが良くなり、面白かったかもね。

途中参加もしやすいし。


関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~ 「バック・トゥ・ザ・フューチャー」

2週ぶりの放送で、最終章がスタートしたものの、平均視聴率は7.0% (^^;)既にクランクアップしてる関係。先日の、徳井義実の不祥事、ピエール瀧の時、みたいに「撮り直しが、きかない(既にセットはバラし、人気者だけに、再結集できない?!)」と、「声だけの出演(!)」になりそう、と、最もダメージを被ってる、みたいで、いろいろと残念な部分はあったけれど、オハナシは、ラストスパートな痛快劇で、勢いが...
[続きを読む]

のほほん便り | 2019年10月28日(Mon) 11:30


大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺...

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』内容志ん生(ビートたけし)の話で、自分の過去を知った五りん(神木隆之介)だが、志ん生の嘘がバレて、前座に降格してしまう。昭和34年、東...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2019年10月27日(Sun) 18:48