fc2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』第37回


「最後の晩餐」
内容
東京へのオリンピック招致に成功した嘉納治五郎(役所広司)たちは、
開催へ向けて準備を進めていく。
しかし、戦争が始まると、組織委員会の中からも反対論が起き始める。
国会でも、河野一郎(桐谷健太)が返上論を展開。

そんななか、葛藤する田畑(阿部サダヲ)を金栗(中村勘九郎)が訪ねてくる。
オリンピックへの思いを語り合うふたりは、
現実的に、選手が翻弄されている事も口にする。そして。。。。

嘉納治五郎は、IOC総会に出席。
各国の委員から反対されるも、嘉納は熱い思いを語り、開催を承認させてしまう。
そして、帰国の途についた嘉納は、外交官の平沢和重(星野源)と出会い。。。。

敬称略


演出は、井上剛さん


“コレから、一番面白い事をやるんだ。東京で!”

ついに。。。。っていうことで。

当然、思いは、受け継がれていく。。。。


そんな話ですね。


当然のことながら、

“これで良いのか?”という疑問が、全く無いわけでは無い。

が。

"ドラマ"だから、“これで良い”のである。

むしろ、こうすべきなのである。


今作。

ここが、徹底できているかどうかで、

エピソード毎に、印象が違ってきている。

脚本の問題もあるが。どこを強調するかは、やはり演出。

誰が良くて、誰が悪いなどと、言うつもりは無い。


今までの、どのエピソードも、それぞれ良かったのである。

ただ、一部にブレを感じたのも事実で。

このあたりは、もしかしたら、何かがあったのかもしれませんけどね。。。


とはいえ、

今回くらいならば、良い感じで納得出来ます。

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)「最後の晩餐(さん)」

やっとの思いで、招致に成功した東京オリンピックなれど、時代は、世界情勢と日本の立場が孤立し、難しくなる真っ盛り個人的には、ナチスドイツで、ベルリンオリンピックが開催されたのを知らなかったので驚いたのでした。今回は、限りなく「オリンピックに生涯を捧げた男」嘉納治五郎(役所広司)が、もっていっちゃった感… かな? さすが名優。ユーモラスでエネルギッシュで生真面目。いい味出してた気がします。最後に...
[続きを読む]

のほほん便り | 2019年09月30日(Mon) 08:35


大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺...

「最後の晩餐」内容東京へのオリンピック招致に成功した嘉納治五郎(役所広司)たちは、開催へ向けて準備を進めていく。しかし、戦争が始まると、組織委員会の中からも反対論が起き...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2019年09月29日(Sun) 18:45