fc2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

木曜劇場『ルパンの娘』第10話


内容
“立嶋雅夫”の遺体が発見されたとニュースが流れた。
尊(渡部篤郎)は、顔色を変える。巌(麿赤兒)が死んだと。
ショックを受ける華(深田恭子)
信じようとしない悦子(小沢真珠)。マツ(どんぐり)も死なないと言うが。。。

一方、和馬(瀬戸康史)は、河川敷で見つかった焼死体事件の捜査をしていた。
殴られたあとで、焼かれたと分かる。
そして和馬は、先日の“鈴木花”の名前を辿り、華を見つけ出す。
和馬は、現場に落ちていたというネックレスの写真を華に見せるのだった。
写真を見た華は、祖父が着けていたものだと口にする。

家に戻った華は、写真を尊たちに魅せる。
すると、マツが、巌の錠前ネックレスは、自分の鍵のネックレスで開くという。
真実を知るため尊は、警視庁へ盗みに行くと告げると。
華も含め、皆も同意し、警視庁へと向かうのだった。

途中、美佐子(マルシア)に遭遇したものの、
渉(栗原類)円城寺(大貫勇輔)の協力で、遺留品保管室へとたどり着く。
鍵を盗み出し、マツが鍵で開けると。。。。。開いてしまう。
中には、写真が。華に似た女性と、和馬に似た男性と、もうひとりの男性。
60年前。。。若かりしマツ(深田恭子)、和馬の祖父・和一(瀬戸康史)
そして巌(柄本時生)だった。
3人は友人。。。
ただ、あるとき、マツが、謎の男(浜田学)に襲われたことをきっかけに。。。

いろいろな話を聞き終えた尊は、あるコトを語り出す。
ネックレスを盗んだ尊が、
同じくネックレスを探しに来たエミリ(岸井ゆきの)と遭遇したという。
ネックレスを盗もうとしていたようだったと。
首元にアザのある60年前の犯人を、
同じアザのある元警視総監の巻英輔(浜田晃)と推理する。
エミリと何らかの関係があるのではと言う。。。

敬称略



脚本は、徳永友一さん

演出は、武内英樹さん



もう、いろいろとツッコミどころというか、

モチーフというか。。。いろいろあり過ぎて、

なにを、どんな風に判断すれば良いか、頭が痛いです(笑)

でも、楽しいから良いけどね。


個人的には、浜田晃さんの若い頃を浜田学さんを選ぶならば。

麿赤兒さんは。。。。大森南朋さんだろうに。。。。(笑)

逆に、柄本時生さんなら。。。。柄本明さんじゃ?

と、そんなことを考えていたら。

次回予告。。。。やっぱり、生きてるし。


ただ、ひとつ分かったのは。

無駄が多かった前回に比べると、過去の話を混ぜている割りに、

かなり話がシンプルで。

これくらいで、いままでもやっていたら、

もっと面白く見ることが出来たんじゃ?ってことだ。


そう。今作って。

盛りこんでいることが多すぎるんですよね。

ロミジュリ風恋バナ。警察VS泥棒。

ここまでなら、まだ良いんだけど。

ここに、“Lの一族”を義賊とするために、

勧善懲悪の部分まで盛りこんでしまっている。

それらを、欲張って、全て描こうとするあまり。

もの凄く濃密な状態になっているんですよね。

で、それをクセのある俳優達が、わんさか居るもんだから。

もう。。。渋滞だよ。渋滞。

それなりに楽しめている人は良いんだろうが。

むしろ、見どころが多すぎて、渋滞。

スッキリしないだけなら良いけど。個性的すぎて、クドいのだ(笑)

この個性を受け入れることが出来れば、

全てを楽しめるんだろうけどね。私のように。

そもそも。義賊の部分なんて、セリフで片付けることが出来るんだよね。

良い例が、今作が必ず入れていた父の仕事。

そう。マンションから失敬というヤツ。

サラッと流しているけど。それぞれが悪いというコトをセリフで強調すれば、

わざわざ、仕事を描かなくても良いんだよね。

なのに、今作は。。。。描こうとするから。。。。。

そこが魅力なのも分かっているけど。

。。。濃すぎだよね(笑)



あ。。。総括になっている。

あとは、次回、どんな結末か?ッてだけである。



関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ルパンの娘 第10話

華(深田恭子)の祖父・巌(麿赤兒)が死亡した?? 尊(渡部篤郎)によると、河川敷で発見された焼死体の名前「立嶋雅夫」が巌の偽名IDの名前だと言います。 しかし、悦子(小沢真珠)とマツ(どんぐり)は信じませんでした。 和馬(瀬戸康史)が焼死体事件の捜査に着手すると、鈍器のような物で殴られたことが直接の死因だと判明します。 和馬は「鈴木花」という偽名を辿って華と再会し、河川敷の事件現場に...
[続きを読む]

ぷち丸くんの日常日記 | 2019年09月20日(Fri) 11:59


ルパンの娘 (第10話・2019/9/19) 感想

フジテレビ系・木曜劇場『ルパンの娘』(公式) 第10話『60年前の封印された恋物語と祖父を殺した真犯人』の感想。 なお、原作の小説、横関大「ルパンの娘」(講談社文庫)は未読。 巌(麿赤兒)が使う偽名と同名の人物が事件に巻き込まれ、華(深田恭子)らは巌の身を案じる。捜査を担当する和馬(瀬戸康史)は遺留品の錠前ネックレスが巌の物と同じだと気付き、華に教えるため会いに行く。巌の錠前はマツ(ど...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2019年09月20日(Fri) 08:57


ルパンの娘 #10

『60年前の封印された恋物語と祖父を殺した真犯人』
[続きを読む]

ぐ~たらにっき | 2019年09月19日(Thu) 23:22


木曜劇場『ルパンの娘』第10話

内容“立嶋雅夫”の遺体が発見されたとニュースが流れた。尊(渡部篤郎)は、顔色を変える。巌(麿赤兒)が死んだと。ショックを受ける華(深田恭子)信じようとしない悦子(小沢真...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2019年09月19日(Thu) 23:02