FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』第10話(最終回)


内容
滝川(上川隆也)との話で、自分を府中工場に飛ばしたのが、
滝川ではなく、最も信頼していた脇坂(石川禅)だと知る君嶋(大泉洋)
アストロズの予算削減だけでなく、廃部も迫る脇坂に、
君嶋は、蹴球協会の改革こそが鍵だと考え始める。
そんな折、ブルズのGM赤木(櫻井翔)が、アストロズにやって来る。
アストロズを見習いチーム改革を行い始めたという。
他のチームも同じ気持ちを抱き始めているというコトだった。

そんななか、君嶋は、蹴球協会の木戸専務理事(尾藤イサオ)に、
もう一度、意見をする。今こそが改革のチャンスだと。
冨永(橋幸夫)会長には改革が受け入れられないと、木戸自身も、
改革への同じ思いを抱き始めていると分かり、
君嶋は、他のGMたちも、同じ思いになっていると説明をする。
「日本のラグビーを助けて下さい!」

一方で、常務となった脇坂は、
取締役会でアストロズの予算削減を提案すると分かり、苦悩する君嶋。
そんなとき、脇坂と風間(中村芝翫)の繋がりに気づき、
そのことを滝川に伝え、協力を求める。

そして、島本社長(西郷輝彦)ら取締役が出席する取締役会で、
脇坂はアストロズの予算削減を提案する。
島本から意見を求められた君嶋は。。。。

敬称略



脚本は、丑尾健太郎さん

演出は、福澤克雄さん、田中健太さん

 
最後の最後まで、シッカリ描ききった今作。

序盤から中盤で、滝川の使い方を含めた微妙なバランスの悪さは存在したモノの。

全体的に、"ドラマ"として秀逸なレベルの作品だったと思います。

唯一残念だったのは、

作品でも取り上げられ、指摘されているように、

ラグビーが、メジャーとは言えないスポーツであるコト。

マイナーとは言いませんけどね。

個人的には、メジャーですが。。。一般的にはね。。。。

そこなんだよなぁ。。。。

もしも、もっとテレビ局がバックアップしていたら、

違ったかもね。


関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ノーサイド・ゲーム 最終話

常務に昇進した脇坂(石川禅)は、君嶋(大泉洋)がGMを務めるアストロズの廃止を公言します。 次の取締役会で脇坂が提案する予算削減が可決されれば、アストロズは廃部に追い込まれてしまいます。 君嶋は、専務理事・木戸(尾藤イサオ)にリーグの改革案を持ち込んで、日本蹴球協会が変わらないと日本のラグビーがダメになってしまうと熱く語るのですが・・・ 一方、アストロズは、優勝を争うサイクロンズとの対...
[続きを読む]

ぷち丸くんの日常日記 | 2019年09月16日(Mon) 12:04


ノーサイド・ゲーム (第10話/最終回20分拡大・2019/9/15) 感想

TBSテレビ系・日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』(公式) 第10話/最終回20分拡大『最終回スペシャル!涙の決勝戦?逆転に挑む!裏切りか友情か』の感想。 なお、原作の小説、池井戸潤「ノーサイド・ゲーム」(ダイヤモンド社)は未読。 君嶋(大泉洋)達が集めた不正の証拠が決め手となり、滝川(上川隆也)が進めるカザマ商事買収の一件は破談となった。ところが、本社役員の任を解かれ子会社への異動が内定...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2019年09月16日(Mon) 09:49


ノーサイド・ゲーム #10 最終回

『最終回スペシャル!涙の決勝戦~逆転に挑め!裏切りか友情か』
[続きを読む]

ぐ~たらにっき | 2019年09月15日(Sun) 23:21


日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』第10話(...

内容滝川(上川隆也)との話で、自分を府中工場に飛ばしたのが、滝川ではなく、最も信頼していた脇坂(石川禅)だと知る君嶋(大泉洋)アストロズの予算削減だけでなく、廃部も迫る...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2019年09月15日(Sun) 22:14