レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風林火山 第36話 女の生き様

内容
由布姫から、決意を聞かされた勘助は、
後顧の憂いを断つため、晴信の新側室・於琴姫を斬るつもりで
住んでいると噂される積翠寺を訪れる。
だが、リツが世話に来ていることもあり、
於琴姫と面会することになってしまうのだった。
そして、その姫の心に触れた勘助は、
由布姫、四郎らを尊重するように言い立ち去っていく。
一方、晴信には、その事は言わず
晴信の姉の死により『誼』が途切れた、今川家との関係を語りはじめる。
晴信の姫を出すのではなく、姫をもらい嫡男・太郎の嫁とせよと。
その使者として、弟・信廉そして駒井を遣わした晴信。
そんなとき、大事件が発生する。
小山田が、息女の美瑠姫に寝首をかかれたと。





『宿命(さだめ)の女』

ということなのだが。

今回は、小山田が死んだことくらいで。
特に大きな動きはなかった感じ。

まぁ、小山田が死んだのは、大きなコトですけどね(^_^)b



なんか、あれもこれもと詰めこんで
『戦国の女の宿命』を、いろんな運命で表現した。

そういうことんなんだろうけど。


ここに、三条夫人がいないからね。。。。
前回と合わせてってコトなんだろう(^_^;

中途半端さを感じてしまう。



確かに、美瑠姫と激情と由布姫の『今』を重ねるのは良いのだが、
だったら、
前回の終わりを、今回に持ってくるべきだったんじゃ??

由布姫の激しさを勘助が改めて知ったあのシーンを!!



前回と今回を合わせて、
流れ、お話自体は、間違っていないとおもうし、
三国同盟を絡めたネタフリなど、
コレからのこともやっている。

言ってみれば、『つなぎ』『ネタフリ』のお話。
それに、それなりに『女の生き様』を描いて、
多少面白さは漂っています。




が、明らかに致命的なのが
今回は、由布姫静かすぎること!!

コレで美瑠姫と重ねるって言うのは、
身近な勘助なら分かるが、視聴者にとっては

前回、今回の『切れたお話』にしかすぎません

もうちょっとねぇ、
繋がっているお話なんだから、
上手く作って欲しかったものです




それにしても、
三条と同じようなことお北様に言われて、
納得したのか?由布姫



タダ、こんなお話の中、
たった1つ面白いところがあったとすれば、

序盤の、勘助とリツだろう。

リツ(前田亜季さん)、本当にステキな夫婦漫才のようで(^_^;

完全に、ミツの再来ですね





そういえば、
郡内だけど、甲斐の空撮。
そのうえ、最後は、甲斐の内政。

今さら、何やってんねん!!




2度見して思ったこと
1度目とそれほど変わらない印象なんだが。

今回のお話は、結局どこに重きを置きたかったのだろう??

三国同盟の走りの話
 サスガに、今川が絡むと緊張感が生まれる
前回の由布姫の締めとしての、由布姫とお北様の会話
 内容的には、それほど変化はない。
於琴姫、リツ、勘助トリオのオモシロコント
 気のせいか、一番盛り上がっていた気が(^_^;
小山田家の騒動の話
 いつも以上に不自然に話をする小山田。

すべてまとめて、勘助に絡めているのだが
なんだか、あれこれとやり過ぎてしまっていますよね。

お話自体には繋がりをつけてるし、
それぞれの部分では、それぞれの面白さはあったのだが
全体として大きく盛り上がった感じでもなかったため、

よりいっそう、小ネタを繋げただけに見えてしまっている。

確かに『宿命の女』で、まとまって見えなくもないんだけどね(^_^;
ホントに、事件、多すぎだろ!!!






これまでの感想
第35話その2 第35話その1 第34話 第33話 第32話 第31話 
第30話 第29話 第28話 第27話 第26話
第25話その2 第25話その1 第24話 第23話 第22話 第21話 
第20話 第19話 第18話 第17話 第16話
第15話 第14話 第13話 第12話その2 第12話その1 第11話
第10話 第9話 第8話 第7話 第6話
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話
関連記事
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。