FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』第30回


「黄金狂時代」
内容
ついに、ロサンゼルスオリンピックが開幕した。
そんななか、人だかりを見つける田畑(阿部サダヲ)
中心には、嘉納治五郎(役所広司)の姿があった。
いずれ、柔道を正式種目に。。と考えているようで、
デモンストレーションを行っていた。東京への招致で正式種目にと。

一方で、アナウンサーの河西(トータス松本)からレースの実況中継に、
運営から横やりが入ったと知る田畑。中継できなくなったという。
そこで田畑達は、アイデアを出し合って、
まるで実況中継のような“実感放送”をすることを思いつく。

そして、ついに。。。。レース後の実感放送が始まる。

そのころIOC総会に出席した嘉納は、思わぬ現実を知る。
すでに9カ国がエントリーしていたのだ。

敬称略


演出は、津田温子さん



↑悩んだよ。

レースというか、競技の結果なども重要なんだけど。

それ以上に、今作にとって重要なのは、“実感放送”なのでは?と思ったので。



そこはともかく。

やはり、実感放送が、良いですね。

感情がシッカリを表現できている。

見事だ。

この見せ方は、大当たりですね。



関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)】第30回「黄金狂時代」感想

…田畑たちは実況中継の代わりにレースの模様を放送する奥の手を考える。治五郎(役所広司)はIOC総会で五輪招致の立候補を表明する。しかし9か国がエ…
[続きを読む]

ドラマ@見とり八段 | 2019年08月12日(Mon) 03:54


大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺...

「黄金狂時代」内容ついに、ロサンゼルスオリンピックが開幕した。そんななか、人だかりを見つける田畑(阿部サダヲ)中心には、嘉納治五郎(役所広司)の姿があった。いずれ、柔道...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2019年08月11日(Sun) 18:45