FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

木曜劇場『ルパンの娘』第5話


内容
仕事をした直後、華(深田恭子)の前に現れた和馬(瀬戸康史)
“Lの一族”だとバレたと思った華。

しかし、翌日、呼び出された華が、和馬に告げられたのは、
和馬が橋元エミリ(岸井ゆきの)とお見合いをしたというコトだった。
謝罪する和馬は、断ったことを華に伝える。
その直後、和馬から、昨日の18時に何をしていたかを尋ねられる華。
それは。。。鉢合わせをした時間。
華は、両親の結婚記念日のサプライズ動画を撮っていたと説明。
和馬は撮影日時を確認すると、18時。ひと安心の和馬。
が。。。嘘をついたことを華は、苦悩する。

家に帰ると、尊(渡部篤郎)悦子(小沢真珠)マツ(どんぐり)が、
次の仕事を決めていた。
“女”を利用して、男から金品を奪う泥棒(田中みな実)だった。
200億の伝説のダイヤを持っているらしい。
仕事を拒絶する華。

そんななか、華に、和馬からメッセージが。
両親の結婚記念日も同じだったので、合同でパーティーを。。。。という。
偶然、尊たちに聞かれてしまい。。。。

敬称略


脚本は、徳永友一さん

演出は、武内英樹さん



桜庭家の面々の華への理解が進んだことで、

微妙に緊張感が薄れてしまっているのは、気になるところだが。

基本的に、構図は変わらず、面白味は消えていないので。

ちょっと変わったホームドラマとしては、十分成立している。

っていうか。。。円城寺さん。。。

歌が好きなだけの男じゃなかったんだ!(笑)

あ。。ダンスも好きかも。

いつものように、盗み部分も、良い感じで楽しかったし。

好みはあるだろうけど、かなり良く出来ている。



関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ルパンの娘 (第5話・2019/8/8) 感想

フジテレビ系・木曜劇場『ルパンの娘』(公式) 第5話『女泥棒ドロンジョ対決! 仮面の素顔と愛の終わり』の感想。 なお、原作の小説、横関大「ルパンの娘」(講談社文庫)は未読。 華(深田恭子)と和馬(瀬戸康史)の両親の結婚記念日が同日と分かり、合同でパーティーを行うことに。華は、自分の秘密を隠すために和馬にうそをつき続けていることに罪悪感を募らせる。一方、和馬の先輩の巻(加藤諒)が泥棒の美...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2019年08月09日(Fri) 16:18


ルパンの娘 第5話

自分がLの一族だと和馬(瀬戸康史)に知られたのではと不安な華(深田恭子)は、和馬に呼び出されます。 華は正体を偽っていたことを謝ろうとしますが、先に謝ったのは和馬でした。 和馬は、エミリ(岸井ゆきの)とお見合いをしたことを正直に話していました。 断ったと聞いて華がほっとしたのもつかの間、和馬は「昨日の午後6時頃、どこにいたのか」と尋ねて来ます。 それは、華が金塊を盗み出す時に和馬と顔...
[続きを読む]

ぷち丸くんの日常日記 | 2019年08月09日(Fri) 10:16


木曜劇場『ルパンの娘』第5話

内容仕事をした直後、華(深田恭子)の前に現れた和馬(瀬戸康史)“Lの一族”だとバレたと思った華。しかし、翌日、呼び出された華が、和馬に告げられたのは、和馬が橋元エミリ(...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2019年08月08日(Thu) 22:55