FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』第3話


内容
柴門(大谷亮平)を監督にした君嶋(大泉洋)GMの“アストロズ”は、
GPSの導入や、相撲部屋で稽古するなど、練習に励んでいた。
ただやはり、黒字にするには、観客を増やすしか無かった。
プラチナリーグのGMが参加する会議で
リーグ全体の底上げを訴えるが、却下されてしまう。

すると柴門から、ラグビー界の常識が君嶋には非常識ならば、
君嶋だからこそ、出来ることがあるのではと言われる。
そこで君嶋は、ファンクラブの設立をきっかけに、観客を増やそうと考える。

一方で、チームの欠点をあぶり出していく柴門は、
選手たちに厳しくそして的確に指導していく。
だが、仕事に、練習、そしてボランティア活動。。と
活動しても、ファンクラブの会員は増えない状態が続き。
ついに、ボランティア活動をボイコットする選手が出始めてしまう。

そんななか、岸和田(高橋光臣)が、練習中に負傷する。

敬称略



脚本は、丑尾健太郎さん

演出は、田中健太さん



“いまや、グラウンドだけが、ラグビーの戦場じゃ無いんだよ”

すべてのスポーツで言えることですが。。。


そこはともかく。

“普通に丁寧”ですね(←褒めてます)

シッカリと、主人公が行動を起こし、それに反発。。と。

最終的に、結果を見せて、魅せている。

特に、奇を衒っているワケでなく。

あざとい演出を繰り返しているわけでも無く。

ほんとに、普通にドラマを作っている感じだ。

先が見えすぎていること。。。

そう、予定調和過ぎるのが、問題と言えば問題だけど。

そういうドラマなので、仕方ないでしょう。

そこがね。評価の困る部分だ。

面白いんだけど、妙な物足りなさがあるのだ。


もしも、これが、もっと“今作にしか無いコト”ならば、

サプライズ感があるため、物足りなさが薄まるんだろうが。

前述のように、すべてのスポーツで言えることなので。。。。。

原作があるから、仕方ないだろうが。

もうちょっとね。。。“ラグビー”を絡ませるようなこと無いのかな?

ボールだけじゃね。。。。

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ノーサイド・ゲーム 第3話 「涙の大逆転! 仲間を信じて奇跡を起こせ」

もう、ほとんど、お約束感だけど、幾多の困難を超えて前進困難を経て、やがて、集まる人々の心… 個人的に、大泉洋のファンだけに、応援気分。大谷亮平、梅ちゃん先生、以来、好きです。大谷亮平、深夜には真っ黒な役をやってるだけに、顔の使い分けが役者根性ですね、っというより、バランス的に、精神衛生上、良いのかも。日曜劇場でヒットを続ける「半沢直樹」「陸王」「下町ロケット」と、同じスタッフ・メンバーだけに...
[続きを読む]

のほほん便り | 2019年07月30日(Tue) 08:47


ノーサイド・ゲーム 第3話

君嶋(大泉洋)は、様々な数字を分析してラグビーチーム・アストロズの黒字への可能性を探っていました。 しかし、昨年の観客の大多数は無料同然で配られたチケットでの入場者でした。 さらに、プラチナリーグに参加している企業チームは管轄する協会に高額の参加費を払っていますが、それに見合ったリターンがあるわけではありません。 君嶋は、GM会議の席で収益向上のために知恵を出そうと提案しますが、協会専...
[続きを読む]

ぷち丸くんの日常日記 | 2019年07月29日(Mon) 10:52


ノーサイド・ゲーム (第3話・2019/7/28) 感想

TBSテレビ系・日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』(公式) 第3話『涙の大逆転! 仲間を信じて奇跡を起こせ』の感想。 なお、原作の小説、池井戸潤「ノーサイド・ゲーム」(ダイヤモンド社)は未読。 君嶋(大泉洋)はラグビー部の生き残りを懸け、リーグ戦優勝を目標に定める。まずは、チームの監督を選ぶため、候補者2人と面会する。だが、ラグビー未経験の君嶋には、どちらが適任か判断できない。そんな中、母...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2019年07月29日(Mon) 08:37


ノーサイド・ゲーム #03

『涙の大逆転!仲間を信じて奇跡を起こせ』
[続きを読む]

ぐ~たらにっき | 2019年07月29日(Mon) 00:55


日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』第3話

内容柴門(大谷亮平)を監督にした君嶋(大泉洋)GMの“アストロズ”は、GPSの導入や、相撲部屋で稽古するなど、練習に励んでいた。ただやはり、黒字にするには、観客を増やす...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2019年07月28日(Sun) 22:02