FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』第24回


「種まく人」
内容
地震により壊滅状態となった東京。
四三(中村勘九郎)は、行方不明のシマ(杉咲花)を捜し続けていた。
そんななか、嘉納治五郎(役所広司)は、建設中の神宮競技場付近を、
避難所として解放することを永田秀次郎(イッセー尾形)東京市長に申し入れた。

混乱する中、友人たちに勧められ、四三は熊本に帰郷する。
四三の無事に、喜ぶスヤ(綾瀬はるか)実次(中村獅童)
すると幾江(大竹しのぶ)が、思わぬ言葉を口にする。
なぜ、帰ってきた。。。と。。こういう時こそ、東京で踏ん張るべきなのではと。
皆からの言葉に、何かを感じた四三は、スヤとともに東京へ。。。。

物資を背負って走り回る四三たち。
そして孝蔵(森山未來)は。。。。。

そんななか、四三は、神宮外苑競技場で復興運動会を行い、
皆を元気づけることを思いつき。。。。

敬称略



演出は、一木正恵さん


まさに“いだてん”“韋駄天”だね。

人々のために。。。。走る。。。走る。


一気に、重い雰囲気になった前回だが。

今回は、“主人公ふたり”が、多くの人たちに笑顔を届ける。

暗いけど、一筋の光明。。。明るさが。。。。という話ですね。


そっか。そっか。。。。。。

今回を見て、気付いてしまった。

一種の“歴史ドラマ”だと思っていたが、

想像以上の“ヒューマンドラマ”であることが、

ハードルを高くしてしまっているんですね。

これだけ完成度が高くても。

いや、高いからこそ、ハードルも高くなる。。。ってことだ。

今回なんて、間違いなく“初回”と重ねているし。

志ん生の落語で落としているのも、見事だ。

こういうところだよね。。。完成度が高いってのは。



関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)「種まく人」

中村勘九郎演じる日本人初の五輪選手・金栗四三が主人公の第1部が完結。次回、30日放送の第25回「時代は変る」より、東京五輪招致に奮闘した政治記者・田畑政治(阿部サダヲ)が主人公の第2部へと切り替わる、のだそう志ん生(北野武)が、語り部となり、噺として、みんなを大いに笑わせつつ進むオハナシは、関東大震災をも、笑い飛ばす!というより、立ち上がる、人々の逞しさにスポットだった感かな?焼け野原の中で...
[続きを読む]

のほほん便り | 2019年06月24日(Mon) 07:04


【いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)】第24回「種まく人」感想

…混乱に疲弊した四三(中村勘九郎)が熊本のスヤ(綾瀬はるか)の元に帰ると、幾江(大竹しのぶ)から思わぬ言葉をかけられる。四三は神宮スタジアムで復興運…
[続きを読む]

ドラマ@見とり八段 | 2019年06月24日(Mon) 04:34


大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺...

「種まく人」内容地震により壊滅状態となった東京。四三(中村勘九郎)は、行方不明のシマ(杉咲花)を捜し続けていた。そんななか、嘉納治五郎(役所広司)は、建設中の神宮競技場...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2019年06月23日(Sun) 18:47