FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~ 第11話(最終話)


内容
杏(本田翼)の父で、前院長・正一(佐戸井けん太)が、
うつ病では無いのではと考える唯織(窪田正孝)は、髄液漏れがあるのではと。
杏たちの協力で検査し、低髄液圧症と確信する。
偶然、事故などが重なったことが原因だろうと、手術で治る可能性があると判明。

ひと安心の杏だったが、突然、正一が意識障害を起こす。
担当の藤堂(岩崎う大)辻村(鈴木伸之)も、やったことが無かった。
すると杏が、自ら行うと言い始める。
唯織がサポートに入り、手術が始まるが、杏の手が止まる。
それを見た唯織が。。。。

手術は無事に終了したが。伊藤(東根作寿英)に見られてしまい、
渚(和久井映見)が麗洋医科大学の辻村丈介(名高達男)に呼び出されてしまう。

一方で、小野寺(遠藤憲一)は、息子・大樹から、
友人・僚太の症状を知り、唯織に相談する。
後日、母・雅恵と現れた僚太を、小野寺と唯織は。。。

敬称略


脚本は、横幕智裕さん

演出は、鈴木雅之さん



今回の脚本。。。原作者だね。


そこはともかく。


やはり、“恋バナ”と“病名当てゲーム”さえ無ければ、

ドラマとしては、それほど、悪くなかったんだけどね。

今回なんて、今までのエピソードを、上手く回収しているし。

もうちょっと、上手くやっていれば、

面白かっただろうに。


関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~ 最終話

診療放射線技師・唯織(窪田正孝)は、杏(本田翼)の父・正一(佐戸井けん太)が、うつ病ではなく、別の病気の可能性を考えます。 小野寺(遠藤憲一)たちの協力を得た唯織は、正一にMRIと髄液漏れの検査を行います。 画像を見た唯織は、正一が低髄液圧症だと確信します。 正一は自転車事故で硬膜に穴が開き、その後に乗った飛行機の気圧の変化と乱気流の振動によって低髄液圧症を発症したものと考えられるよう...
[続きを読む]

ぷち丸くんの日常日記 | 2019年06月18日(Tue) 10:13


ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~ (第11話/最終回 15分拡大版・2019/6/17) 感想

フジテレビ系・月9『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(公式) 第11話/最終回 15分拡大版『命懸けで守りたい約束!!最後の選択と決断とは??』の感想。 なお、原作の漫画、原作・横幕智裕 / 漫画・モリタイシ「ラジエーションハウス」(集英社))は、第7巻まで既読。 唯織(窪田正孝)は杏(本田翼)に、正一(佐戸井けん太)の脳の髄液漏れの検査を進言。それが頭痛の原因で、う...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2019年06月18日(Tue) 09:42


ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~ #11 最終回

『命懸けで守りたい約束!!最後の選択と決断とは!?』
[続きを読む]

ぐ~たらにっき | 2019年06月17日(Mon) 23:30


ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~ 第11話

ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~の第11話を見ました。 唯織は正一が全身の慢性的疲労感、起立性頭痛に苦しんでおり、発症前、自転車に追突され、その後、飛行機に乗っていたことからうつ病ではなく別の病気ではないかと考えるのだった。 小野寺達の協力を得て唯織が行ったのはMRI検査と、髄液漏れの検査で、その画像から正一が低髄液圧症であることを確信する。 「そんな病気聞いたことないけ...
[続きを読む]

MAGI☆の日記 | 2019年06月17日(Mon) 22:24


ラジエーションハウス~放射線科の診断レポ...

内容杏(本田翼)の父で、前院長・正一(佐戸井けん太)が、うつ病では無いのではと考える唯織(窪田正孝)は、髄液漏れがあるのではと。杏たちの協力で検査し、低髄液圧症と確信す...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2019年06月17日(Mon) 22:11