FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

日曜劇場『集団左遷!!』第9話


内容
横山(三上博史)専務の不正を追及しようとした片岡(福山雅治)
しかし、藤田(市村正親)頭取により、もみ消されてしまう。
そのうえ、外資系ネット通販ダイバーサーチとの資本提携と、さらなるリストラ。
横山の本当の目的が見えない中、対抗する手段を見いだせない片岡。

片岡と真山は、鮫島(小手伸也)の周辺で証拠を探し始めるが、見つからない。
そんななか、梅原(尾美としのり)から、横山の副頭取就任の話を聞く。

その後、元蒲田支店の人たちの協力で。。。。

敬称略



脚本は、いずみ吉紘さん

演出は、田中健太さん



これを言うと、元も子もないのだが。

未だ、横山の意図が見えないっていうのが、最大の問題じゃ?

あくまでも、主人公が、“悪い悪い”と騒いでいるだけ。。だよね?

"ドラマ"だから、そういう刷り込みも良いだろうが、

じゃあ。。。という疑問が出てくる。

悪事としているリストラなどが、本当に悪いことなのか?ということ。

だからこそ、横山をシッカリと描くべきなのに、

主人公の顔芸ばかり描くから、空回りしている印象になっているのだ。


関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

集団左遷!! 第9話

片岡(福山雅治)は、藤田頭取(市村正親)によって裏金作りの証拠となるリストから横山(三上博史)の名前が消されたことに憤ります。 横山との不正の取引に応じた藤田の真の狙いを考える片岡は、不正の新たなる証拠を掴もうと再び動き出します。 一方、巨大外資系企業・ダイバーサーチとの提携による大規模な合理化とリストラの波が押し寄せる中、滝川(神木隆之介)たち元蒲田支店のメンバーが立ち上がります。 ...
[続きを読む]

ぷち丸くんの日常日記 | 2019年06月17日(Mon) 11:23


集団左遷!! (第9話・2019/6/16) 感想

TBSテレビ系・日曜劇場『集団左遷!!』(公式) 第9話『託された不正の証拠最後の大逆転目前!』の感想。 なお、原作の小説、江波戸哲夫「新装版 銀行支店長」「集団左遷」(講談社文庫)は未読。 横山(三上博史)が大手外資系企業との資本提携の認可を取り付けた。そこに不正な金の動きがあるとにらむ片岡(福山雅治)は真山(香川照之)と共に、日本橋支店長となった鮫島(小手伸也)の周辺を探るが、何も...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2019年06月17日(Mon) 07:36


集団左遷!! #09

『託された不正の証拠 最後の大逆転目前!』
[続きを読む]

ぐ~たらにっき | 2019年06月16日(Sun) 22:49


日曜劇場『集団左遷!!』第9話

内容横山(三上博史)専務の不正を追及しようとした片岡(福山雅治)しかし、藤田(市村正親)頭取により、もみ消されてしまう。そのうえ、外資系ネット通販ダイバーサーチとの資本...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2019年06月16日(Sun) 21:54