FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

日曜劇場『集団左遷!!』第5話


内容
週刊誌に廃店候補と書かれた蒲田支店だったが、逆に、多くの客が殺到する。
小口ではあったが、徐々に成績を上げ始める。
三嶋食品の自社ビル20億が決まれば、残り約5億で、目標の100億に到達。
廃店決定まで、あと2か月。
片岡(福山雅治)は、もう少しだと意気込む。

そんななか、思わぬ事態が発生する。羽田支店が金利を下げて、
融資が決まりかけてきた案件を、次々と奪っていたのだ。
片岡は、慌てて三嶋食品へ向かうと、
そこには支店統括部部長の宿利(酒向芳)の姿があった。
羽田支店の方が、金利は三嶋(赤井英和)にとって有利だったが、
三嶋は、片岡の蒲田支店に決めてくれる。

その後、片岡は、三嶋から、
太田ビルディング、太田幸司(宮川一朗太)副社長を紹介してもらい。。。

だが苦悩する片岡。三嶋は、新しい仕事が決まったらしく。
それが羽田支店絡みだった。
すると真山(香川照之)が。。。。

敬称略


脚本は、いずみ吉紘さん

演出は、平川雄一朗さん



元通り。。。だね(苦笑)

そもそも、

今回のネタって、先日の地面師と同じで、ただの詐欺であり。

細かい事を言わなければ、同じネタなのである。

そらね。

そういうコトもあるだろうけど。

でも、ハッキリ言えば、“ワンパターン”という印象しかないのだ。

じゃなくても、同じような煽り演出と、顔芸だけで、

飽き飽きしているというのに。

ネタまで同じじゃ、面白味なんて感じるわけが無い。


っていうか。これを言ってしまうとオシマイだけど。

俳優を見れば、きっとそういう展開になるのだろう。。。と推測出来るし。


ネタ切れかな?



関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

集団左遷!! 第5話

週刊誌に廃店候補と書かれた記事が逆に追い風となり、蒲田支店がたくさんのお客さんで賑わっていました。 三嶋(赤井英和)から打診されていた20億円の融資が成立すれば、ノルマ達成まであとわずかとなります。 しかし、融資が決まりそうだった顧客たちが、相次いで羽田支店に乗り換えるという事態が発生します。 嫌な予感がした片岡(福山雅治)が三嶋の元を訪ねると、そこには支店統括部部長・宿利(酒向芳)と...
[続きを読む]

ぷち丸くんの日常日記 | 2019年05月20日(Mon) 11:04


集団左遷!! (第5話・2019/5/19) 感想

TBSテレビ系・日曜劇場『集団左遷!!』(公式) 第5話『さらば、愛しの男!?前代未聞の大失敗!!』の感想。 なお、原作の小説、江波戸哲夫「新装版 銀行支店長」「集団左遷」(講談社文庫)は未読。 週刊誌に廃店候補と書かれたことでかえって盛況となった蒲田支店。一方、宿利(酒向芳)は横山(三上博史)から後任候補として片岡(福山雅治)の同期・梅原(尾美としのり)の名を告げられる。後がない宿利...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2019年05月20日(Mon) 06:04


集団左遷!! #05

『さらば、愛しき男!?前代未聞の大失敗!!』
[続きを読む]

ぐ~たらにっき | 2019年05月19日(Sun) 23:37


日曜劇場『集団左遷!!』第5話

内容週刊誌に廃店候補と書かれた蒲田支店だったが、逆に、多くの客が殺到する。小口ではあったが、徐々に成績を上げ始める。三嶋食品の自社ビル20億が決まれば、残り約5億で、目...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2019年05月19日(Sun) 22:03