FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

相棒season17 第20話(最終回)


『新世界より』
内容
遺伝子工学の世界的権威・秋川直秀教授が、研究室で殺されて見つかる。
研究室に荒らされた痕跡がなく、怨恨の線と考えられた。
准教授・八木橋健司(大浦龍宇一)、助手・北尾佳織(大谷麻衣)の話では、
事件当日は、秋川も含め研究室で研究をしていたと言う事。
仕事が終わり、北尾は帰宅。
八木橋は、研究用機材メーカーメシオテックスで
担当者の中川麗子(長谷部瞳)と会っていたと言う事。
事件を聞きつけやって来た右京(水谷豊)と亘(反町隆史)の姿に、
伊丹(川原和久)芹沢(山中崇史)は、呆れかえる。
その直後、ウイルスなどが保管されているラボに気付く右京。
亡くなる前、秋川が月に一度、暗証番号を変更していたため、
入ることが出来なくなってしまっているということ。
そんなとき、益子(田中隆三)が、1つのバッジを発見する。
阿藤修(小木茂光)代表をする反科学主義団体“楽園の扉”のモノだった。
2年前、クローン技術研究所に爆弾を仕掛けたと逮捕されたが、
証拠不十分で不起訴となっていた。
早速、伊丹たちが、任意で阿藤を取り調べるが、陰謀だと言うばかり。

一方、亘は、“楽園の扉”を取材したことのある風間楓子(芦名星)から、
話を聞いたところ、はじめは阿藤の言葉も理解出来なくもなかったが、
取材を進めるうちに、恐ろしさを感じたと言うこと。

そのころ、青木(浅利陽介)の協力で
防犯カメラ映像を確認していた右京は、不審な2人組の男女に気付く。
シンポジウムに参加していたリストを確認し、右京は男女を見つけ出す。
成瀬真一郎(渕野右登)と水原美波(八木優希)
その2人の名前に、右京はある小説を思い出す。
作家・鷺宮栄一(中原丈雄)の“沈む天体”と作品の主人公の名前だった。
その事が気になり、鷺宮から話を聞いたところ、
阿藤とは、かつて大学の研究室にいたという。
鷺宮の“反科学主義”に共鳴した人たちの集まりがあったと。
その後、2人は“ガイアパブリック”というIT企業を立ち上げたが、
5年ほどで辞めてしまっていた。

そんななか、青木から2人の所在の連絡を受ける。
3ヶ月前、山中で、倒れている2人が発見されたと。しかし記憶喪失。
だが、保護をしている診療所の宮台豊子という医師によると、
新聞を読んだ2人が“世界が滅びる”と言っていたという。
何か引っかかるモノを感じる右京。

敬称略



脚本は、金井寛さん

監督は、内片輝さん



個人的に、キャスティングで先が読めたのは、横に置いておくが。。

話は作り込まれているとは思うのだが。

これ。。。。団体がなくても、作家だけで成立するよね?

だって、“妄想”が盛りこまれているということは、

同じ要素を、同じように作るだけで良いだけで。

2時間強のSPにするために、強引に膨らませた感じだ。

もちろん、細かい部分で重ねているので、

“強引”という言葉は、言いすぎだろうが。

もし仮に、ラストのネタバラシを含め、

今回のテーマだけを考えれば、作家だけで必要十分なのも事実で。

そこが、今回のオシイ部分。

広げすぎたことで、微妙に分かり難くなった感じだ。

これ。。。“東国”も同じだからね。

そんなもの、無理して盛りこむ必要無いことだ。



さて。“ようやく”終わった《相棒》だが。

序盤は、結構、挑戦的だったのに。

後半戦は。。。。挑戦と言うよりも、劣化コピーが多かった感じか。

特に、例の“ロンドンの元相棒”なんて、完全に劣化コピーの代表格。

先日の月本幸子にしたところで、かなり雑だったし。

それを言い出すと。。。刑事部長のネタも同じだけどね。

工夫をしているつもりが、いずれも工夫になっていない感じだ。




関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「相棒 season 17」第20話

遺伝子工学の権威の死と記憶喪失の若者たち。 最終回2時間スペシャル第20話『新世界より』ネタバレです。
[続きを読む]

三毛猫《sannkeneko》の気ままにドラマ | 2019年03月26日(Tue) 09:44


相棒17 テレ朝(3/20)#20終

最終回 第20話 新世界より あらすじ遺伝子工学の世界的権威である大学教授が殺害される事件が発生。准教授の八木橋(大浦龍宇一)によると、教授が取り組んでいたのは鳥インフルエンザに関する研究だったという。その後、現場から有毒ガスの発生装箱と、『楽園の扉』という反科学主義を標榜する団体のバッチが発見される。『楽園の扉』の代表・阿藤修(小木茂光)は、かつてクローン技術研究所に爆発物を仕掛けた疑いで...
[続きを読む]

ぬるーくまったりと 3rd | 2019年03月21日(Thu) 13:23


相棒17 最終話

遺伝子工学の権威で大学教授・秋川(津村和幸)が、自分の研究室で撲殺されているのが発見されました。 秋川は、ゲノム編集によって鳥インフルエンザに耐性を持つ鶏の受精卵の生成に成功していました。 この研究の結果をシンポジウムで大々的に発表したばかりでした。 事件に興味を抱いた右京さん(水谷豊)と亘(反町隆史)は、捜査を開始します。 鳥インフルエンザは人間にも感染する可能性が...
[続きを読む]

ぷち丸くんの日常日記 | 2019年03月21日(Thu) 11:22


相棒 season17 (第20話/最終回2時間スペシャル・2019/3/20) 感想

テレビ朝日系・『相棒 season17』(公式) 第20話/最終回2時間スペシャル『新世界より』の感想。 ウイルスを研究する遺伝子工学の教授・秋川(津村和幸)が殺害され、右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は准教授・八木橋(大浦龍宇一)ら関係者に話を聞く。反科学主義団体の代表・阿藤(小木茂光)の関与が疑われる中、捜査線上に小説家・鷺宮(中原丈雄)の作中人物と...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2019年03月21日(Thu) 09:51


相棒season17 第20話(最終回)

『新世界より』内容遺伝子工学の世界的権威・秋川直秀教授が、研究室で殺されて見つかる。研究室に荒らされた痕跡がなく、怨恨の線と考えられた。准教授・八木橋健司(大浦龍宇一)...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2019年03月20日(Wed) 22:23