FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

トレース~科捜研の男 第11話(最終回)


内容
早川(萩原聖人)とともに、佐保(袴田吉彦)に会いに行った真野(錦戸亮)
しかし、佐保はボイラー室のガス爆発により、死亡する。
真野は、兄・義一(倉悠貴)をいじめていた佐保の事故死。
同じイジメの主犯格でホームレスだった新妻(伊藤高史)の不審死と、
連続して発生したことに違和感を抱く。

真野は、姉・仁美(夏子)の妊娠や、遺留品の軍手から検出されたDNAなど、
自身が手に入れた情報を虎丸(船越英一郎)ノンナ(新木優子)海塚(小雪)に
打ち明けるのだった。佐保に接触しようとした矢先に事故死が起きたと、
明らかにおかしいことが起きていると。事故ではなく事件だと推測する。
新妻の事件だけでなく、佐保の事件も捜査の打ち切りの命令があったことから、
警察関係者に、事情を知る人物がいるのではと伝えるのだった。

早速、真野たちは、事件について、もう一度調べはじめる。
そんななか、真野は、ある人物の存在に気付く。
その直後、刑事部長の壇浩輝(千原ジュニア)が科捜研に視察に現れる。
異様な空気に包まれる真野たちだったが。。。

敬称略


脚本は、相沢友子さん

演出は、松山博昭さん



かなり強引に。。。。。ってところかな。

あ。。頑張ったのは、褒めてますよ。

ただ、この強引さに違和感を感じるのは事実で。

面白いと感じにくくしてしまっている。。。ってのも事実である。



関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トレース~科捜研の男~ (第11話/最終回90分SP・2019/3/18) 感想

フジテレビ系・月9『トレース~科捜研の男~』(公式) 第11話/最終回(90分SP)『最終回90分SP明かされる驚愕の真実真犯人は誰なのか!?』の感想。 なお、原作の漫画、古賀慶「トレース~科捜研法医研究員の追想~」(「月刊コミックゼノン」連載)は、第6巻まで読了。 真野(錦戸亮)はガス爆発で死亡した佐保(袴田吉彦)が他殺である証拠を見つける。その犯...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2019年03月19日(Tue) 07:53


トレース~科捜研の男~ 第11話

トレース~科捜研の男~の第11話を見ました。 武蔵野一家殺人事件の真相を追う真野は早川とともに食品会社社長の佐保に会いに行くが、佐保はボイラー室のガス爆発に巻き込まれて死んでしまう。 佐保は不審死を遂げたホームレスの新妻と同じく早川の教え子のひとりであり、真野の兄・義一をいじめていた主犯格でもあった。 科捜研に戻った真野は虎丸、ノンナ、海塚にこれまでの経緯を話す。 『武蔵...
[続きを読む]

MAGI☆の日記 | 2019年03月18日(Mon) 22:42


トレース~科捜研の男 第11話(最終回)

内容早川(萩原聖人)とともに、佐保(袴田吉彦)に会いに行った真野(錦戸亮)しかし、佐保はボイラー室のガス爆発により、死亡する。真野は、兄・義一(倉悠貴)をいじめていた佐...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2019年03月18日(Mon) 22:25