FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』第7回

「おかしな二人」
内容
嘉納治五郎(役所広司)の口車に乗せられ、
自費でオリンピック行きを宣言してしまった金栗四三(中村勘九郎)
が、金が無く。兄・実次(中村獅童)に手紙を出すが、手紙は戻ってこない。
それでも可児(古舘寛治)とともに練習を続ける四三。
四三の気持ちを知り、可児は嘉納に、ナントカならないかと告げるも。
先の借金で、嘉納も首が回らず。

一方で、首を縦に振らない三島弥彦(生田斗真)に、
嘉納は記録を口にして、弥彦の自尊心を揺さぶる。
弥彦の変化に気付いた兄・弥太郎(小澤征悦)は、叱りつける。
だが弥彦は。。。。

そんななか、兄・実次から四三に手紙が届く。
四三は誇りであり、金の心配はするなと。

が。。。見栄を張ってしまった実次は、春野(佐戸井けん太)に懇願するも。
やはり、無理だと。すると娘スヤ(綾瀬はるか)が、
池部重行(高橋洋)に頼んでみては。。。。。と。

そのころ、三島家で大森安仁子(シャーロット・ケイト・フォックス)から
英語やマナーを学び始めた四三だが。。。

敬称略


演出は、一木正恵さん



ここのところ、アバンが長い今作。

こんなに長尺になると、OPが終わる頃には、

“朝ドラ”なら、ほぼ終了時間間近の10分過ぎである(笑)


ただ今作の描いているコトは、一般的に馴染みがないだけでなく。

その宮藤官九郎さんの作風である独特の構成により、

若干、分かりづらくなっているのは事実で。

普通のドラマのような時間のアバンを、

無理に盛りこみ、意味が分からなくなるよりは。

長時間のアバンにすることで、“物語”をハッキリさせる方が、

どう考えても得策であろう。

短すぎると、逆に時間の無駄遣いだしね。

時間の有効活用でしょうね。


そのあたりはともかく。

見えてはいたが、やはり、そういう展開なんだね。

いろいろな“愛”があふれている作品である。


関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

いだてん〜東京オリムピック噺〜感想メモ 6〜7話

公式サイト 遅くなってしまいましたが、短く感想。 外国人のために、今の価格で何億
[続きを読む]

昼寝の時間 | 2019年02月23日(Sat) 20:46


いだてん 第7回「おかしな二人」簡単です...

​​視聴率の低さばかりがニュースになっていますが、いやでも、面白いよ!!!例によって日曜日は8時を20分くらい回ってからしか、テレビの前に座れませんがちゃんと翌日こうして最...
[続きを読む]

みやさとの感想文と(時々)感想絵 | 2019年02月18日(Mon) 17:47


【いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)】第7回「おかしな二人」

…いよいよオリンピックのエントリーフォームに名を連ねる四三と弥彦(生田斗真)。弥彦の豪邸で洋風のマナーを学びながら、四三は、三島家の冷めた親子…
[続きを読む]

ドラマ@見とり八段 | 2019年02月18日(Mon) 04:18


大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺...

「おかしな二人」内容嘉納治五郎(役所広司)の口車に乗せられ、自費でオリンピック行きを宣言してしまった金栗四三(中村勘九郎)が、金が無く。兄・実次(中村獅童)に手紙を出す...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2019年02月17日(Sun) 18:52