fc2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』第4回


『小便小僧』
内容
明治43年。嘉納治五郎(役所広司)がオリンピックの予選会を開く、少し前。
東京高師において、長距離走の大会が開かれた。
いろいろあって、出発には遅れた四三(中村勘九郎)だったが、
ダントツの最下位から順位を上げていき、3位で銅メダルを獲得する。
嘉納から首にメダルをかけられ、声をかけられた四三は大喜び。
すぐに実家へ手紙を書いたのだが、
戻ってきた手紙には、母・シエ(宮崎美子)兄・実次(中村獅童)からの苦言が。
まさかのことに、驚く四三だが、
今まで以上に走ることの工夫を考え、練習を開始。
その後、予科から本科に進んだ四三は、徒歩部に入り、走り始める。
自分に課した課題を達成していく四三だったが、草履の問題が立ちはだかる。
高価な靴など買えるわけがなく。そんなとき足袋屋の看板が眼に入る。
播磨屋の主人・黒坂辛作(ピエール瀧)に足袋を注文し。。。。

明治44年。嘉納によりオリンピックの予選“大運動会”開催が発表される。
興味を抱く四三だが、舎監の永井(杉本哲太)から距離が“10里”だと聞き、
さすがに困惑する。
それでも四三は、後輩の野口源三郎(永山絢斗)とともに、練習を開始する。

そのころ、嘉納治五郎の熱意を知った三島弥彦(生田斗真)は、
兄・弥太郎(小澤征悦)に、そのことを語り、大会への融資を依頼するが。。。

一方で、嘉納は、大森兵蔵(竹野内豊)の協力を得て、大会の準備を進めていた。
そんなとき、弥彦から、出場しないと知らされ。。。。

敬称略



演出は、一木正恵さん


ノンフィクションじゃないけど、

ここまで、いろいろな“事実”を盛りこまれると

ノンフィクションに近いフィクションだよね。


だからこそ、面白いんだけど。

だからこそ、ハードルが高い。


そんなことを、今まで以上に感じた今回である。


結構、作り込まれていることが、良く分かりますしね。

特に、今までネックだった、“未来の志ん生”部分も、

話に組み込まれ始めているし。

ほんと、良く作られているんだけどなぁ。。。。


“連ドラ”として見ている中で、

途中で、こういう作り込みが見え始めるのが“クドカン”らしさ。

そういう意味じゃ、

ようやく“らしさ”が出てきた感じである。


関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)】第4回「小便小僧」感想

…その頃の嘉納は日本初のオリンピック予選開催を前に山積する難題に頭を抱えていた。頼みの綱の三島弥彦(生田斗真)も当てにならない。志ん生(ビー… 
[続きを読む]

ドラマ@見とり八段 | 2019年01月28日(Mon) 05:23


大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺...

『小便小僧』内容明治43年。嘉納治五郎(役所広司)がオリンピックの予選会を開く、少し前。東京高師において、長距離走の大会が開かれた。いろいろあって、出発には遅れた四三(...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2019年01月27日(Sun) 18:44