FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』第3回


『冒険世界』
内容
昭和35年。志ん生(ビートたけし)は、テレビを観ていた。
そこに映っていたのは、オリンピックの開会式。
直後、志ん生の妻・おりん(池波志乃)娘・美津子(小泉今日子)が、
見たことも無い弟子・五りん(神木隆之介)がやって来て。。。。


明治42年熊本。海軍兵学校の身体検査に落ちた四三(中村勘九郎)は、
実家の畑を手伝っていた。
すると兄・実次(中村獅童)からしたいことが無いのかと問われた四三は、
嘉納治五郎の高等師範学校に行きたいと口にする。
弟の思いを聞いた実次が背中を押し、四三は受験し合格。

明治43年春、四三は親友の美川秀信(勝地涼)と上京。
が、寮の舎監・永井道明(杉本哲太)の迫力に、困惑。馴染めなかったが。
それでも自分なりの練習をして、師範学校へ走って通学。勉学に励んでいた。

そして夏休み。帰省した四三は、スヤ(綾瀬はるか)が見合いをすると知る。

その後、東京に戻った四三は、天狗倶楽部を目撃。大運動会を開いていた。。。。

同じ頃、美濃部孝蔵(森山未來)は、ある“落語家”と出会い。。。

敬称略



演出は、西村武五郎さん


次回で、ようやく初回に繋がるようですね。

で。今回は、その“繋ぎ”に近い。

実際、内容も。。。。淡々と描いているし。

メリハリのある部分と言えば、俳優の演技だけで。

正直、演出的に、そういうメリハリがあるというわけでは無い。

物語自体も、淡々と描いているコトもあって、

かなり、怠惰な印象。


個人的には、ガマン出来る範囲内ではあるが。

正直なところ。

この調子なら、毎回のように脱落者が出ていくと、断言出来ますね(笑)


“クドカン”らしさも、薄めだし。

たとえ、

最終的に、上手くまとめたとしても、

今作が描く、劇中の時間を考えると。

すでに、ダブル主人公なのは分かっているし。

う===ん。。。。

かなりの忍耐力が必要な気がする(苦笑)


関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

いだてん〜東京オリムピック噺〜感想メモ 1〜3話

公式サイト 視聴しているので、簡単にメモっておきます。 何と豪華なキャストたち・
[続きを読む]

昼寝の時間 | 2019年01月25日(Fri) 21:24


【いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)】第3回「冒険世界」感想

…夏休みの帰省では、スヤ(綾瀬はるか)の見合いがあると聞かされる。傷心で東京に戻った四三は偶然、三島弥彦(生田斗真)らの天狗倶楽部による奇妙… 
[続きを読む]

ドラマ@見とり八段 | 2019年01月21日(Mon) 04:32


大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺...

『冒険世界』内容昭和35年。志ん生(ビートたけし)は、テレビを観ていた。そこに映っていたのは、オリンピックの開会式。直後、志ん生の妻・おりん(池波志乃)娘・美津子(小泉...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2019年01月20日(Sun) 18:50