FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

トレース~科捜研の男 第1話

内容
警視庁科学捜査研究所に現れた捜査一課の虎丸良平(船越英一郎)たち。
イベント会場で発見された切断された左手の鑑定結果を聞きに来たのだ。
法医課長の海塚律子(小雪)は、担当が真野礼二(錦戸亮)だと告げる。
真野が、付着物から珪藻とマンガンが検出されたことを伝えたところ、
虎丸は多摩川の捜索を決断。部下に伝えるのだった。
だが、真野は“意味が無い”と告げるも、
“口出しをするのか”と聞き入れられなかった。

すると真野は、検出された鑑定結果から、日原川が有力と推理。
海塚から同行を命じられた沢口ノンナ(新木優子)と推測された現場へと向かい、
ほどなく、女性のバラバラ遺体を発見する。

そんななか、被害者が娘かもしれないという五十嵐千鶴(森口瑤子)が、
再婚相手で教育評論家の五十嵐康信(吹越満)と警察にやって来る。
DNA鑑定の結果、千鶴の娘・美加と断定される。

その後の調べで、高校卒業後、家を出た美加は、
越智俊介と同棲していたと分かってくる。
また、事件当日、2人が一緒にいたことも。。。。

敬称略



原作は未読。

脚本は、相沢友子さん

演出は、松山博昭さん




タイトルどおり。。。“科捜研の男”の話らしい。


ちょうど1年前には、他局で《アンナチュラル》があり。

別の局では《科捜研の女》が存在しているのだ。

もちろん、詳細な設定は違いますが、同種の作品だと言っても過言では無い。


当然のように、比較されるのは、言うまでも無く。

よっぽど上手くやらない限り、残念ながら評価されないだろう。

だから、今回の初回が重要だったのだ。

正直なところ、

出来れば、時間延長をすることなく放送してもらいたかったところ。

理由は単純。

時間延長すると、何かと無駄を盛りこみがちだからだ

今回の序盤なんて、まさに、それ。開始10分弱は、無駄な演出のオンパレード。


そのあとも、今回のエピソード自体には、

あまり関係が無いような演出が、たくさん盛りこまれている。

まあね。

状況説明や、人物紹介も兼ねているだろうから、そこは、ガマンします。


ただ、こういう無駄な時間の使い方をしているから、

もの凄くテンポが悪いのは、言うまでも無い。

ドラマのストーリーなどを楽しむ以前に、かなりイラついてしまった。

早く、本筋に戻れよ。。。と。



関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トレース~科捜研の男~ (第1話/初回90分SP・2019/1/7) 感想

フジテレビ系・月9『トレース~科捜研の男~』(公式) 第1話/初回90分SP『初回90分SPバラバラ遺体の想い...科捜研サスペンス』の感想。 なお、原作の漫画、古賀慶「トレース~科捜研法医研究員の追想~」(「月刊コミックゼノン」連載)は、第3巻まで読了し、現在第4巻を読書中。 イベント会場で、犬が掘り起こしたと思われる切断された人間の左手が見つかり...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2019年01月08日(Tue) 10:06


トレース~科捜研の男~ 第1話

トレース~科捜研の男~の第1話を見ました。 ある陰惨な事件を経験した過去を持つ真野礼二は警視庁科学捜査研究所法医科に所属する法医研究員で「鑑定結果こそ真実」という信念のもと、膨大な知識と高い鑑定技術、他者とは違う着眼点を持っていた。 真野は周囲からその実力を高く評価されている反面、クールで協調性がなく、必要以上に人と係わろうとしないことから科捜研内では浮いた存在でもあった。 ...
[続きを読む]

MAGI☆の日記 | 2019年01月07日(Mon) 23:33


トレース~科捜研の男 第1話

内容警視庁科学捜査研究所に現れた捜査一課の虎丸良平(船越英一郎)たち。イベント会場で発見された切断された左手の鑑定結果を聞きに来たのだ。法医課長の海塚律子(小雪)は、担...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2019年01月07日(Mon) 22:26