FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

ファースト・キス 第7話 美緒の決断

内容
秋生との初デートの日。
和樹は勝、一流に頼み、美緒をドレスアップ。
そして美緒は、待ち合わせのカフェへと。。。
そのころ秋生は、デートを楽しみにしながらも、
青木教授の指示により、蓮子が緊急オペをすることになったことで、
結城秋生はオペの助手をすることになる。
そんな事を知らない美緒は、閉店まで。。。。
兄・和樹は、仕方ないと言うが、
美緒は秋生にまで『また気が向いたら』と。
翌日、和樹と美緒は、
お互いのことでぶつかり合う。
そして、飛び出して行った美緒は、あのカフェへ。。。。






ドラマとしては、
美緒が秋生とうまくいったこと。
和樹が、蓮子から『医師の世界』を知らされたこと。

次回きっと仕方ない別れのようなモノになるのでしょう。
そのためのネタフリと盛り上げですね(^_^)b






さて今回。初デートで来ない秋生
落ち込む美緒との対決で幕を開けた『美緒のデート』

美緒VS和樹
美緒『恐いだけじゃないの?
   すっごく行きたいのに、ビビってるだけでしょ
和樹『ひとのこといえるのか
   自分だって一番欲しいモノから逃げてるじゃん
   ヒトのこと批判ばっかりしてるけど
   全然ダメじゃん
   病気をイイワケにして、閉じこもってるだけじゃないか
美緒『もう欲しいモノは、欲しいって言うから


完全に、美緒敗北。

そうなのだ。
和樹はすでに決断していた可能性が高い。
秋生から『お兄さんに言われて、会ったワケじゃない』
この直後だからね。


でもこの兄妹ゲンカで、美緒は『大きな決断』をした!!!

あとは
もうこのドラマって、ベタベタな『月9』だなって言う感じでしたけどね。

最後に、手を繋ぐまで。。。






あまりにも、ベタすぎて。
書くことないや(^_^;

普通に楽しかったと思います。
『あれこれ言っている美緒』を見透かす男たちっていう感じでね(^_^)b

だから、美緒が強気に出ても、気にならない状態だったし。

勝『冗談言ってんじゃないんだよ、後悔して欲しくないんだよ
  美緒ちゃんだけじゃなくて、カズも

勝、一流も良い感じだったし。


はるなも。。。は少しヤリスギかな(^_^;




ただし、最後にヒトコト。
和樹の『仕事話』がいるかどうかが、
かなり微妙と言えば微妙な状態ですね


確かに今までの和樹だったら、コレは最も重要な『悩み』となる。

でも、
和樹『2人は、オレなんかがすすめたから恋したワケじゃない』
と、秋生の受け売りもあり、蓮子に説明している。


だったら、和樹の中では
美緒VS仕事というよりは、
美緒>>>仕事と言って良い状態。

この図式を成立させるために、
わざわざ仕事を出したのならば、

せめて、和樹の決断を知りたかったところでしょう(^_^)b。

そこのトコロが、ちょっと分かり難かったかな。


和樹が、美緒と並んで主人公なら尚更である。





これまでの感想

第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話
関連記事
スポンサーサイト