FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

日曜劇場『下町ロケット-ゴースト-(2)』第3話


「大逆転なるか!牙をむいた帝国重工に立ち向かえ」 
内容
“ギアゴースト”の特許問題で、佃(阿部寛)は、クロスライセンスを
伊丹(尾上菊之助)社長、島津(イモトアヤコ)副社長に提案。協力を申し出る。
しかし、“ケーマシナリー”にクロスライセンスを申し入れることが出来ず。
“ギアゴースト”の技術者魂を感じ取った佃は、
伊丹、島津に、15億の出資を申し入れるのだった。
佃製作所によるギアゴーストの買収だった。
伊丹たちが了承したことで、買収計画は進んでいく。

一方で、帝国重工の水原(木下ほうか)に依頼されていた新型バルブは、
島津の協力で、燃焼試験に成功する。
ようやく、全てが好転し始め、ひと安心の佃だったが。
後日、水原から、信用調査の受け入れを通達がある。買収がリスクだと。
佃は、なぜ帝国重工が知っているのかと疑問を抱くが。。。

そのことを、伊丹に相談したところ、厳しい戦いになると告げられてしまう。

敬称略



脚本は、丑尾健太郎さん

演出は、田中健太さん




序盤の20分くらいは、詰め込み過ぎなくらいだったのに。

その後は、まさかの失速。

いやね。“未来”を見据えたネタなのも理解しているが。

さすがに、長すぎ。

グダグダにもホドがあります。


ってか。。。今回の話。実質30分程度だよね(苦笑)

これ、分かってるよね?

《1》でも、似たようなエピソードがあったし。

パターンも分かっているのだ。

だから、グダグダの印象が強まってしまっている。


もうちょっと、上手くやれば良いだろうに。。。。


関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

下町ロケット-ゴースト- 第3話

伊丹(尾上菊之助)のギアゴーストの協力を受け、佃製作所が進める新作バルブシステムの開発は、最後の難関の燃焼実験を残すのみとなっていました。 そんな折、佃(阿部寛)は帝国重工の宇宙航空研部本部長・水原(木下ほうか)から、突然の信用調査を求められます。 背景には、ギアゴーストとの買収話が関わっていました。 佃は伊丹から、帝国重工のやり方を聞いてしまい、買収と言う企業同士の結婚話...
[続きを読む]

ぷち丸くんの日常日記 | 2018年10月29日(Mon) 13:43


下町ロケット(2018年版) (第3話・2018/10/28) 感想

TBSテレビ系・日曜劇場『下町ロケット(2018年版)』(公式) 第3話『新たな挑戦 大地へ本格始動 帝国重工が牙をむく』の感想。 なお、原作の 池井戸潤「下町ロケット ゴースト」(小学館)は未読。 佃(阿部寛)達は、伊丹(尾上菊之助)や島津(イモトアヤコ)らの会社「ギアゴースト」の買収計画を進め、手続き完了を約1カ月後に控えていた。そんな折、...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2018年10月29日(Mon) 09:28


下町ロケット 第3話

冒頭、まるで、初回のような、快進撃シーンに、一同、大喜びするシーンに、びっくり佃(阿部寛)達は、伊丹(尾上菊之助)や島津(イモトアヤコ)らの会社「ギアゴースト」の買収計画を進め、手続き完了を約1カ月後に控えていました内密に進めていたはずの買収計画が、帝国重工の次期社長候補・的場(神田正輝)の耳に佃製作所は帝国重工のリスク管理部門の信用調査を受けることに佃から話を聞いた伊丹は、かつて自分が目の...
[続きを読む]

のほほん便り | 2018年10月29日(Mon) 06:06


下町ロケット #03

『大逆転なるか!牙をむいた帝国重工に立ち向かえ』
[続きを読む]

ぐ~たらにっき | 2018年10月29日(Mon) 00:13


日曜劇場『下町ロケット-ゴースト-(2)...

「大逆転なるか!牙をむいた帝国重工に立ち向かえ」内容“ギアゴースト”の特許問題で、佃(阿部寛)は、クロスライセンスを伊丹(尾上菊之助)社長、島津(イモトアヤコ)副社長に...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2018年10月28日(Sun) 21:53