fc2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

土曜ドラマ『ドロ刑-警視庁捜査三課-』第2話


内容
新米刑事の斑目(中島健人)は結成されたばかりの捜査三課13係に配属される。
鯨岡(稲森いずみ)係長は、“精鋭”を集めたと言うが。。。
そんななか鯨岡は、ある窃盗事件の捜査を命じる。
手口からすると“黒蛇”大堂吾郎(笹野高史)と思われた。

先輩の皇子山(中村倫也)とともに現場へ向かう斑目だったが。。。。

敬称略


脚本は、林宏司さん

演出は、大谷太郎さん



原作と設定が、大幅に違ったり。

俳優が。。。とか。。。くだらない小ネタが多いのも無視するが。

あの====

根本的疑問なのだが。

これ。。。煙鴉。。。必要ですか?(笑)


今作の描写からすると、

ベテランの刑事ばかりなんだから、そこからたどり着けるような。。。。

“煙鴉”じゃなきゃ、ダメ。。。っていうのじゃなきゃ、

意味が無いんじゃ無いのかな???


これね。チームで動きすぎるから、違和感が生まれるんだよね。

“煙鴉”の入る余地がないのだ。

チームの登場人物の方が、画面に映っている時間。。。長いし(苦笑)



関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ドロ刑 -警視庁捜査三課- (第2話・2018/10/20) 感想

日本テレビ系・土10ドラマ『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』(公式) 第2話『刑事×泥棒最強バディvs忍び込みのプロ執念の復讐劇』の感想。 なお、原作:福田秀「ドロ刑」(集英社「週刊ヤングジャンプ」連載) )は未読。 捜査第三課13係は係長・鯨岡(稲森いずみ)の下、精鋭揃いとは名ばかりで問題刑事を集めた新部署。そこに配属された斑目(中島健人)は、‘ノビ’つま...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2018年10月21日(Sun) 06:39


ドロ刑 -警視庁捜査三課- 「刑事×泥棒最強バディvs忍び込みのプロ執念の復讐劇」

捜査を始めるにあたり、精鋭揃いとは名ばかりでポンコツ揃いで、やる気なし配属された斑目(中島健人)は、‘ノビ’つまり家人が寝静まった後に忍び込む窃盗犯の大堂(笹野高史)を追うことになぜか燃える、元指名手配犯専門捜査官の勝手田(丸山智己)そんな勝手田をいぶかる斑目の前に再び煙鴉(遠藤憲一)が登場煙鴉のサポートで、13係の捜査は急展開。全員総出で行動確認のための張り込みが行われる。しかし、いよいよ...
[続きを読む]

のほほん便り | 2018年10月21日(Sun) 05:46


土曜ドラマ『ドロ刑-警視庁捜査三課-』第...

内容新米刑事の斑目(中島健人)は結成されたばかりの捜査三課13係に配属される。鯨岡(稲森いずみ)係長は、“精鋭”を集めたと言うが。。。そんななか鯨岡は、ある窃盗事件の捜...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2018年10月20日(Sat) 22:55