FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

水曜ドラマ『高嶺の花』第10話(最終回)


内容
直人(峯田和伸)に迫る千秋(香里奈)だったが、直人は拒否。
それを千秋が仕込んだ電話で、もも(石原さとみ)は聞いていた。。。

そのころ、なな(芳根京子)は、龍一(千葉雄大)と一緒にいると決意、
市松(小日向文世)から破門を言い渡されていた。
ななの思わぬ行動に戸惑うももだったが。。。

その後、千秋から、ももの親友だったと知る直人たち。

そして市松は、龍一を呼び出し、ももとの縁談を告げる。
直後、ももを呼び、次期家元にすることを伝えるのだった。

ももは、直人を呼び出して、家元になることを告げる。
そして自分の思いを。。。。そして別れを。。。。

敬称略



演出は、大塚恭司さん



何度も書くが。

描こうとしているコト自体は理解してるんだけどね。

作者の作品にしては、まだ分かりやすい方だと思います(苦笑)

それなりに、キレイにまとまっている。。。。。


さて、相変わらず難解なのは。。。横に置いておくとして。

あまりに、多くのネタ、設定を盛りこみすぎて、

散らかりすぎたため、メインまで埋もれてしまっていたのだ。

そこなんだよね。問題のひとつは。


実は、家元の話を強調し始め、龍一の本来の流派が明確になった時点で。

“結末”は、なんとなく見えてしまっているわけで。

じゃないと。。。直人がいる意味が、無くなってしまう!

そう。折り返しの時点で、方向性は見えていたんだけど。


あまりにも、いろいろと盛りこみすぎて、

根幹の“純愛”さえ、埋もれさせてしまった。

個人的には、結果が見えた時点で、可能性のひとつで“純愛”も見えたが。

それでも。。。迷走しているなぁ。。。と感じていましたからね(笑)

理解していても、迷走も感じてしまっていたのだ。


せめて、主人公と流派、家元の距離感の描き方が、違っていれば、

間違いなく“純愛”に見えたと思います。

主人公のキャラの迷走こそが、分かり難くさせたのは事実だろう。

話の迷走よりも、タチが悪いです(苦笑)

きっとね。。。悩み、葛藤のつもりだったとは、思うんだけどね。。。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

高嶺の花 最終話

もも(石原さとみ)は、千秋(香里奈)が直人(峯田和伸)を誘惑する様子を電話で聞いていました。 あの手この手で誘いをかける千秋に対して、直人は・・・ 一方、すべてを失った宇都宮(千葉雄大)と共に生きて行くと決めたなな(芳根京子)は、次期家元の座を降りて月島家を離れたいと市松(小日向文世)に申し出るのでした。 市松は何故かその望みを聞き入れて、ななを即座に破門します。 な...
[続きを読む]

ぷち丸くんの日常日記 | 2018年09月13日(Thu) 11:43


高嶺の花 (第10話/最終回・2018/9/12) 感想

日本テレビ系・新水曜ドラマ『高嶺の花』(公式) 第10話/最終回・ラテ欄『今夜すべての哀しみと嘘と裏切りが愛に変わる…最後の一瞬まで衝撃&怒涛のラブストーリー涙の完結』の感想。 千秋(香里奈)の携帯電話を通して直人(峯田和伸)の真っすぐな思いを知り、心打たれるもも(石原さとみ)。市松(小日向文世)とルリ子(戸田菜穂)に向き合ったなな(芳根京子)は、自分...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2018年09月13日(Thu) 08:53


水曜ドラマ『高嶺の花』第10話(最終回)

内容直人(峯田和伸)に迫る千秋(香里奈)だったが、直人は拒否。それを千秋が仕込んだ電話で、もも(石原さとみ)は聞いていた。。。そのころ、なな(芳根京子)は、龍一(千葉雄...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2018年09月12日(Wed) 23:01