FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

大河ドラマ『西郷どん』第三十四回


「将軍慶喜」
内容
慶応二年、慶喜(松田翔太)は、長州征伐に踏み切る。
十万の兵を揃えた幕府軍の圧倒的な勝利と思われたが、
薩摩から手に入れた最新鋭の銃により、長州は善戦。
そんななか、将軍・家茂(勧修寺保都)が急死し、
幕府は戦いを辞めざるをえなくなってしまう。

戦いの終結。吉之助(鈴木亮平)一蔵(瑛太)は、
岩倉(笑福亭鶴瓶)のもと訪れる。そこには、幕府方の交渉係として
長州から戻ってきたばかりの勝海舟(遠藤憲一)がいた。
幕閣などから慶喜は将軍に推されているが、固辞していると知る。
だが吉之助は、将軍になると予想する。

そして吉之助の予想どおり、多くの人の予想を覆して、慶喜は将軍に就任する。
早速、慶喜は、フランスと手を組み、兵庫の開港を決定する。
まさかの行動に吉之助、一蔵らが、判断に困る中、
孝明天皇が崩御する。
吉之助らは、幕府をけん制するため、久光(青木崇高)に四候会議を提案。
山内容堂(大鷹明良)松平春嶽(津田寛治)伊達宗城(長谷川公彦)に呼びかけ、
京・二条城にて、会議を開くが、すでに慶喜は根回しを終えており。
吉之助らの作戦は、完敗に終わる。

しばらくして、吉之助は、慶喜がフランスと手を組み、
薩摩をフランスに売ろうとしていると知り、ついに倒幕を決意する。
そして、一蔵、岩倉らに。。。。

敬称略



ちょっと、急展開過ぎる気もするし、違和感もあるのだが。

基本的には、大きく間違っていないし。

ドラマとしては、かなり上手く作っているのは、確かだろう。

当たり前のことだけど、

主人公を“芯”において、物語を紡いでいますし。

細かい事はともかく。

分かりやすく作られているとは思います。


ただ。なんて言うか。

ドラマチックのハズなのに、そんな風に見えないことが、

一番、引っかかるところ。

ドラマとしての丁寧さは認めても、

それで、オモシロ味があったか?と問われれば。。。微妙だろう(苦笑)


たとえ、都合良く。。作り物っぽく見えたとしても、

もう少しメリハリをつけた方が、良かったかもね。

特に、主人公に関しては。


今作は、序盤から中盤の主人公描写も、そうだったが。

変化するのは良いのだが。

それが、イマイチ伝わってこないため、

ドラマの面白味に悪影響を及ぼしてしまっているのだ。

これは、俳優の問題じゃ無く、脚本、演出の問題。

前回、前々回のように、

もっとドラマチックに見せること出来なかったのかな??



関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

西郷どん感想メモ 33・34話

公式サイト こうして薩摩が明治維新のリーダーシップを取って行くのでした・・・1話
[続きを読む]

昼寝の時間 | 2018年09月11日(Tue) 21:38


【西郷どん】第34回 「将軍慶喜」感想

…間もなく孝明天皇が崩御。吉之助(鈴木亮平)と一蔵(瑛太)は岩倉(笑福亭鶴瓶)と共に有力藩主たちで四侯会議を開き幕府をけん制しようとするが、慶…
[続きを読む]

ドラマ@見とり八段 | 2018年09月10日(Mon) 04:58


大河ドラマ『西郷どん』第三十四回

「将軍慶喜」内容慶応二年、慶喜(松田翔太)は、長州征伐に踏み切る。十万の兵を揃えた幕府軍の圧倒的な勝利と思われたが、薩摩から手に入れた最新鋭の銃により、長州は善戦。そん...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2018年09月09日(Sun) 18:49